韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本が半導体材料の対韓輸出規制、打撃受けるのは誰か

日本が半導体材料の対韓輸出規制、打撃受けるのは誰か

日本は韓国に対する半導体材料の輸出を規制すると発表した。これにより両国の経済貿易関係と日中韓自由貿易圏(FTA)交渉は「痛みを感じる」ことになる。中国新聞社が伝えた。 中国社会科学院世界経済・政治研究所の倪月菊(ニー・ユエジュウ)研究員は、「日本は半導体という韓国の基幹産業を選び、『命門』のように重要な3品目に圧力をかければ、韓国に痛みを感じさせ、元徴用工問題の解決にプラスになると考えている」と話す。

中国人民大学太平洋経済研究所の陳建(チェン・ジエン)所長の見方では、「政治的な判断のほか、日本の今回の動きには他の原因もあると考えられる。現在、日本経済は相対的に低迷しており、貿易問題では米国に圧力をかけられ続けており、韓国への半導体輸出を規制してライバルに打撃を与え、自国の関連産業を支援し、圧力を分散しようとしている」という。

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で採択された「大阪宣言」の「我々は、自由、公平、無差別で透明性があり予測可能な安定した貿易及び投資環境を実現し、我々の市場を開放的に保つよう努力する」と書いた文字もまだ乾かないうちに、日本が半導体材料の対韓輸出規制を打ち出したことが注目を集める。

スポンサードリンク
しかし取材を受けた中国の研究者は、「日本の動きは日本の自由貿易政策が全面的に転向することを意味しない」との見方を示す。 倪研究員は「日本が韓国に半導体材料の輸出規制を実施するのは経済的手段によって圧力をかけ、韓国に言うことを聞かせ、政治目的を達成しようとしているだけだ」と言い、陳所長も、「外向型エコノミーとして、自由貿易は日本にとって極めて重要であり、保護主義への全面的転換は日本の利益に合致しない」と指摘する。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-01-07-sa.jpg

日本とて我儘な米国には困っているが、中国にとっては大きなチャンスとなる。日本から規制物質を輸入し、中国産部材で対応すれば、韓国は必要がなくなる。中国の半導体技術を含め、日本から技術指導を受ける事である。日中貿易を加速するチャンスとなる。また日本が特許で囲っている間は、無理なわけで、さらなる保護のために関連特許で包囲網を固めれば、韓国は手の施しようが無い。代替技術は、よほどこのことが無い限り、代替えレベルでしかない。

フッ化水素は、中国産蛍石が原料であり、低分散レンズにも利用される重要な原料でもある。フッ化水素は日本企業がすでに中国工場での製造を伝えているわけで、日本との比率の問題となる。低純度のフッ化水素は中国企業が製造可能なわけで、北朝鮮の核開発に転用されないように規制を強化願いたいものであるが…。

関連記事

[ 2019年07月04日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日本政府の深慮遠謀
政府筋は2パターンの説明の用意があって、
(A) もちろん一般ウケする「経済報復」の話がたくさん流れる。
中国もこれに反応した。

(B) もうひとつは、菅長官が政府の公式見解で出した、
安全保障のための処置、つまり韓国は軍事物資を横流ししていると、

政府筋の本命はこちら(B)でしょう。

(A)日本が半導体材料の対韓輸出規制、打撃受けるのは誰か―中国メディア
https://www.recordchina.co.jp/b726688-s10-c20-d0046.html

(B)「韓国と信頼関係のもとの輸出管理は困難」 菅官房長官
https://www.fnn.jp/posts/00420152CX/201907021307_CX_CX
[ 2019/07/04 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp