韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソフトバンクGの孫正義氏 韓国企業のトップらと会合

ソフトバンクGの孫正義氏 韓国企業のトップらと会合

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が4日、韓国大企業のトップらとの夕食会に参加し、IT業界の懸案などについて意見を交わした。 この日来韓した孫会長は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問した後、ソウル市内の韓国家具博物館に移動し、財界のトップらと対面した。

夕食会にはサムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長や現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長、LGグループ具光謨(ク・グァンモ)会長、NAVER(ネイバー)創業者で現在は同社の投資責任者を務める李海珍(イ・ヘジン)氏、NCソフトの金澤辰(キム・テクジン)社長らが参加した。 李副会長は孫会長の車両に同乗して会場に現れ、注目された。財界関係者は「孫会長と李副会長は市内某所で会って乗用車に同乗して移動したと承知している」とし、道路が混む時間帯だったため、30~40分程度、車内で話し合いをしたとみられると伝えた。

孫会長と李副会長が公の場で面会したのは2016年9月以来、約3年ぶりだが、普段から電話で話し合う間柄とされる。李副会長は慶応大で修士号を取得しており、日本語が堪能だ。

スポンサードリンク
夕食会では次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)などに対して意見交換し、事業協力などについても話し合ったとみられる。 日本政府が半導体やディスプレーの材料3品目の対韓輸出規制を強化したことで、同会合に注目が集まり、会場に詰めかけた記者団から韓日関係に関する質問が投げかけられたものの、孫会長は「政治については分からない」として回答を避け、韓国企業側の出席者も応じなかった。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-05-k001.jpg

孫会長は文在寅大統領を表敬訪問した後、ソウル市内の韓国家具博物館に移動し、財界のトップらと対面した。孫会長と李副会長が公の場で面会したのは2016年9月以来、約3年ぶりだが、普段から電話で話し合う間柄とされる。孫氏は韓国が通貨危機に見舞われた直後の1998年、当時の金大中大統領と会談しており、当時「韓国が集中すべきは一にも、二にも、三にもブロードバンドだ」と提言している。

今回孫氏は文大統領に、「AIは人類の歴史上、最大級の革命をもたらす」と重要性を強調した。「若い起業家は情熱とアイデアがあるが資金がない。そのためには『ユニコーン』がうまれるような投資が必要だ」と語った。孫氏は「世界が韓国のAIに投資するよう支援する」と応じる一方、「韓国も世界首位の企業に投資すべきだ。それが韓国がAIで一等国になる最も早い道だ」と政府の強いリーダーシップの必要性を文氏に強調した。文氏は孫氏の指示通り、世界企業へ投資するだろうか…。

関連記事

[ 2019年07月05日 08:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp