韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「倉庫に溜まる一方」…危機の韓国車

「倉庫に溜まる一方」…危機の韓国車

「良質な雇用製造機」だった韓国の自動車産業がサイレンを鳴らしている。危機を知らせる警告灯のひとつが財務諸表上の「棚卸資産」だ。 中央日報が現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)車の11年分(2008~2018年)の会計帳簿に見られる棚卸資産の増減と棚卸資産回転率(売上高を棚卸資産で割った値)を分析した。その結果、昨年の現代車の在庫資産関連指標は2008年の世界的金融危機と同様の水準に達しており、起亜車も最近になって指標が悪化している。

現代車の棚卸資産回転率は2008年に17.8に低下したが、その後上昇し始め2012年にピーク(25.4)を記録した。その後下がり始め、昨年は15.1まで下がった。生産されたばかりの自動車が倉庫に置かれてから市場に出て売れる速度が、金融危機の時より昨年の方が遅くなったという意味だ。

信用評価会社も現代・起亜車の信用等級展望を「ネガティブ」と評価する。今はAAA(現代自動車)・AA+(起亜車)等級で良い方だが、今後信用等級を下げる可能性があるという意味だ。

スポンサードリンク
資本市場で評価する今年上半期の信用評価専門家のアンケート(SRE)でも社債市場の専門家の4人に1人(回答者180人中45人)が、現代・起亜車の信用格付けを下方調整する必要があると回答した。 NICE信用評価のチェ・ジェホ首席研究員は「現代・起亜車は振るわない事業実績が継続したり競争力の改善がなされなかったりした場合、信用度が下がる可能性が高い」と評価した。
https://japanese.joins.com/

2019-07-05-k005.jpg

中国における自動車販売台数は、日系が今年1月から5月までで、178万台を超えて、昨年より+4.4%となっている。昨年同様好調をキープした形だ。韓国系は同時期で、38台となっており、-11%と落ち込んでいる。中国工場の在庫は増えるばかりとなる。 稼働時間で調整をしている。

2019-07-05-k006.jpg

米国の自動車販売台数は、今年1月から6月までで、トヨタ・ホンダ・日産の合計が、264万台を超えている。現代自は34万台を超え、昨年同時期+2.5%となっている。SUVが売れた事が理由の様だ。しかし販売台数ではスバルと僅差でしかなく、半年の集計であるから、起亜自を除いて、年間70万台程度となる。 在庫処理でEUへの販売強化を狙ったはずが、思わしくない。作れば在庫は増える一方だ。在庫の維持管理費用は莫大なわけで、当然部品在庫もかなりあると考えられる。一方日本は、米国販売で、3社ともにマイナスとなっており、米中貿易摩擦の影響もあり、やや厳しい状態となっている。

関連記事

[ 2019年07月05日 18:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
そろそろやめたら
現代・起亜の在庫増は企業の内部の問題のようです。
組合が協力しないから、生産のタイミング、車種が
ニーズに合わない、ストになると営業も仕事を止める、
海外生産比率が上がっていて、海外はまだいける、
なので、経営者は韓国工場の廃業を真剣に考えて
いるんじゃないですか。
[ 2019/07/05 22:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp