韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  対韓輸出規制を強化したが…まだ「カネ」のカードも温存

対韓輸出規制を強化したが…まだ「カネ」のカードも温存

日本政府は半導体製造に不可欠な3品目の対韓輸出管理体制を強化する方針を発表した。これがどのような影響をもたらすのか。 新聞各紙の社説はハッキリ分かれた。産経新聞は「対韓輸出の厳格化 不当許さぬ国家の意思だ」と日本政府の方針を支持したが、日経新聞は「元徴用工巡る対抗措置の応酬を自制せよ」、朝日新聞は「対韓輸出規制 『報復』を即時撤回せよ」と批判的だ。

産経新聞は、この問題を早くから指摘しており、今回の措置を要望する自民党などの声を報道してきた。今回も産経新聞のスクープだろう。対象の素材品目も正確に書かれている。規制強化の方法についても、今回の措置が、(1)フッ化水素など規制3品目の韓国向け輸出について、4日から包括輸出許可制度から個別に輸出許可申請・輸出審査へ変更(2)先端材料などの輸出について外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正-と詳しく書かれていた。

(中略) 今回の措置について、外為法を使うのは想定内だが、モノを経済産業省、カネを財務省が所管している。筆者は、モノよりカネのほうが韓国への打撃が大きく、国内関係者への誤爆が少ないと論じてきた。

スポンサードリンク
今回、モノから韓国への制裁を出したというのは、日本政府はまだカネのカードを温存しているというわけだ。モノの制裁といっても、輸出の禁止ではなく手続きの変更である。ということは制裁強化の余地も残っている。つまり、モノとカネのどちらもカードはある状態だ。日本も韓国にいわゆる元徴用工問題、レーダー照射事件などでやられてようやくたくましくなり、やっと「普通の国」の行動がとれるようになった。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-03-k001.jpg

カネのカードを切るには、瀬取りによるフッ化水素渡しを引き出すことである。また日本領海で、レーダー照射はなぜ行われたのかは、厳しく追及することになる。またそれまでの瀬取りで、危険物質を北朝鮮に渡していないかかを含め、事実を公表する事である。この事実が報じられれば、韓国政府は完全にアウトとなる。そこまで実施したうえで、正式に金の制裁へと導くことである。今回の事で日本製品の不買運動が勃発し、日本企業に影響が出始めていると中央日報は報じている。事実ならば、軍事目的での規制がなぜ不買運動になるのかは、しっかりと見極めて対応する事である。すでに韓国は、日本政府の動きに舞い上がった状態だ。

このタイミングで日本政府は、韓国を厳しく指導する事である。気を緩めればすぐに反発する連中である。とどめ打ちは自国経済低迷と、家計負債の不動産元本返済集中年で、これから自国民にとっては地獄が来る。韓国政府のすべきことは山ほどある…。

関連記事

[ 2019年07月06日 15:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp