韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「韓国は降りろ」という北、「韓国は北に影響力ない」という日本

「韓国は降りろ」という北、「韓国は北に影響力ない」という日本

「板門店での米朝首脳会談を前に、北朝鮮は米国に『今後の核関連協議では韓国が外れた方がいい』と要求した」という報道があった。米国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表が韓国の複数の与党関係者にこうした北朝鮮側の言葉を伝え、「北朝鮮は米国との二国間協議によって非核化交渉をスピーディーに進めたいと考えている」と語ったというものだ。北朝鮮は公に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に向かって「差し出がましく割り込んで来るな」と言ってきており、この報道は事実だろう。

偶然にも同じ日、日本の安倍首相は番組インタビューで、「主要20カ国・地域(G20)首脳会議で文大統領と会ったら、日米関係の助けになるのでは」という質問に、「そういうことはない。今、北朝鮮に最も影響力があるのは習近平中国国家主席とトランプ米大統領だ」と答えた。文大統領は北朝鮮に対してこれといった影響力がないということだ。

事実、板門店会談で韓国は排除された。韓国領土で行われた米朝会談に、韓国大統領はあっせん役も与えられなかった。会談場所には星条旗と北朝鮮国旗だけが掲げられた。

スポンサードリンク
「韓国パッシング(外し)」との指摘を意識しているかのように、韓国大統領府は「トランプ大統領は文大統領に耳打ちした」「金正恩(キム・ジョンウン朝鮮労働党)委員長が文大統領の手を握って感謝の言葉を述べた」という話を流しているが、苦し紛れの言葉にしか聞こえない。
http://www.chosunonline.com/

2019-06-30-k003.jpg

北朝鮮の核開発を後押しする韓国。瀬取りする韓国は、一向に謝罪しない。統一妄想ばかりが独り歩きし、朝鮮半島の主権ばかりに目が行く韓国。そもそも朝鮮半島の主権争いに、今の韓国は欲だけが先走り、北朝鮮の仲介などとてもできる状態とは思えない。今の韓国は日本を敵対視し、北朝鮮制裁を緩和し、韓国を北朝鮮に良く見せる努力だけが先行する。本来あるべき非核化は消え、日米に歯向かう事ばかり実施する。挙句には中国に寄り添う始末。

朝鮮日報は、来年の再選を念頭にじれったい思いをしているトランプ大統領が自ら足を運んでやって来たほどだから、交渉の場から韓国の居場所をなくしてしまおうということだと報じているが、その通りだろう。制裁緩和ばかりを語り、挙句に米国排除に動く。統一は韓国主体のような態度だが、非核化と統一は次元が違う。ろくでもない事ばかり実施する韓国は外すのが賢明だろう。北朝鮮も約束は守らないが、不思議と、まだ韓国よりはマシに見える。

関連記事

[ 2019年07月07日 09:12 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
強そうなほう
朝鮮半島に、思想信条の異なる2つの勢力があれば
両方に注目するが、同じ思想信条の2つが勢力争いなら、
強そうなほうに注目して、弱いほうはどうでもいい。
[ 2019/07/07 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp