韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  対日貿易赤字54年で総額6000億ドル…「素材部品の国産化を積極支援」

対日貿易赤字54年で総額6000億ドル…「素材部品の国産化を積極支援」

韓日国交正常化から50年以上にわたり韓国は一度も対日貿易赤字から抜け出したことがないことがわかった。韓国政府は日本の対韓輸出規制措置に対する「相応措置」を検討している。

韓国貿易協会(KITA)と関税庁が6日に明らかにした輸出入統計によると、1965年から2018年までの54年間に韓国の対日貿易赤字累積額は6046億ドルと集計された。請求権協定を締結し国交を正常化して初めて貿易を始めた1965年の対日貿易赤字額は1億3000万ドルだった。その後1974年に12億4000万ドル、1994年に118億7000万ドル、2010年には361億2000万ドルまで膨らんだ。その後は多少減ってはいるが、依然として200億ドル台にとどまっている。

昨年の相手国別の貿易収支赤字額は日本が240億8000万ドルで最も大きかった。サウジアラビアが223億8000万ドル、カタールが157億7000万ドル、クウェートが115億4000万ドルなどと続いた。対日貿易赤字額は世界の主要国と比較しても最も大きい。特に日本を除くとほとんどが韓国が依存するほかない原油輸出国だ。

スポンサードリンク
日本との貿易でこのように赤字が発生するのには技術力の問題がある。韓国は半導体とディスプレー産業の規模を拡大してきたが、依然として素材・部品の技術力は日本に依存している。これらはほとんどが長時間蓄積した技術力がなければならない部品・素材製品で、日本の世界市場への供給シェアも圧倒的だ。
https://japanese.joins.com/

2019-06-14-k002.jpg

日本の素材・部材を使って製品にする韓国企業。それを中国に輸出し、中国で製品にして、米国に輸出する。この構図が崩れれば、韓国企業は生き延びられない。まして日本からの部材を韓国内でと言うのには、特許の壁を超える必要がある。製造技術もない状態で、毎年一兆円近い投資をして対応するとした韓国政府。負債増加も何のそのである。

2019-06-13-k001.jpg

韓国は、自国にないものを輸入し、対応後に輸出する貿易依存の国である。自国内での調達にも限度があるわけで、今頃騒いだところで対応は無理。キヤノンなどの感光技術など得られるわけも無い。中国が蛍石を韓国に輸出できたとしても、そこから抽出する技術力も特許も無いわけで、独占している日本企業を買収出来ない限り無理となる。

関連記事

[ 2019年07月07日 19:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
次は?その前に
JETROを見ると、
日本の主要輸出品目 半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器

今回は、このリストの7番目「精密化学原料」が対象、
しかし、品目で手を打つ前に、国と国の協定、
通貨スワップとか、TPPとか、これが動かなくなる。
[ 2019/07/07 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp