韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の上場企業34社 日本の株主の株式保有率が5%超

韓国の上場企業34社 日本の株主の株式保有率が5%超

韓国の上場企業のうち、日本の株主が5%以上の株式を保有する企業は34社に上ることが分かった。その多くが韓国経済の主軸である電子と自動車産業に部品を供給する企業だ。

企業情報を分析する韓国CXO研究所が9日までに、韓国の上場企業約2000社の1~3月期事業報告書を分析した。日本の株主の株式保有比率が5%以上を占める34社では、日本の株主が保有する株式の価値が約1兆8200億ウォン(約1680億円、7月3日終値ベース)と集計された。2016年の調査(43社、2兆2700億ウォン)に比べると、企業数と株式の価値はそろって減少した。

日本の株主の株式保有比率別にみると、▼50%以上が5社▼20%以上、50%未満が7社▼10%以上、20%未満が13社▼5%以上、10%未満が9社――となっている。また、11社は日本の株主が筆頭株主だ。 日本の株主が保有する株式の価値が最も大きい企業は通信大手のKTだった。NTTドコモが5.46%の株式を保有し、その価値は4013億ウォンだった。

一方、日本政府はこのほど半導体などの製造に必要な材料の韓国向け輸出規制を強化した。 

スポンサードリンク
韓国CXO研究所のオ・イルソン所長は「韓日両国の企業は多くの分野で技術や資本、人材などを相互補完しながら相乗効果を生み出す」と説明。中でも電子と自動車分野について「多くの部品と素材を必要としており、どちらか一方が特定の部品と素材を武器として使用する場合、結局は双方の当該産業がまひしかねない」とし、世界経済全体に暗雲が垂れ込む事態を招くと指摘した。
http://www.chosunonline.com/

2014-04-09-wa.jpg

韓国の主要銀行はウリ銀行以外はすべて外資となる。しかも7割から、中には100%と言う銀行もある。一方、ポスコは新日鉄との提携強化を進めた結果、ボスコの筆頭株主は新日鉄となる。記事では11社は日本の株主が筆頭株主と掲載している。日本の株主の力が大きいという意味である。さらに、韓日両国の企業は多くの分野で技術や資本、人材などを相互補完しながら相乗効果を生み出すと記事では語っているが、日本技術の指導による合弁会社が主であり、日本企業傘下が多い。従って日本からの設備投資や人材で企業を改革する。勿論日本企業が買収され、韓国企業の傘下となるケースもある。

関連記事

[ 2019年07月09日 10:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp