韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相“電撃政治決断”連発で与党「改選過半数」突破か

安倍首相“電撃政治決断”連発で与党「改選過半数」突破か

安倍晋三政権が、電撃的な政治決断を連発している。韓国向け半導体素材の輸出管理強化に踏み切っただけでなく、ハンセン病元患者の家族訴訟で、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決について政府の控訴を見送ったのだ。現在、参院選(21日投開票)の真っ最中だが、こうした毅然(きぜん)とした姿勢は選挙戦にどう影響するのか。選挙プランナーの松田馨氏に中盤情勢の分析を依頼したところ、自民、公明与党は「改選議席(124)の過半数(63)」を突破し、さらに上積みする勢いだという。

「筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の苦労を、これ以上、長引かせるわけにはいかない。国は控訴しない」 安倍首相(自民党総裁)は9日、ハンセン病患者本人に限らず、差別を受けた家族にも国の賠償を命じた熊本地裁の判決を受け、自らの政治決断について、官邸で記者団にこう説明した。政権内には「控訴すべきだ」との声も強く、朝日新聞は同日朝刊1面トップで「ハンセン病家族訴訟控訴へ」という“歴史的大誤報”を飛ばした。

だが、「厚労族」でもある安倍首相は「極めて異例の判断」として、元患者らに寄り添う姿勢を示した。

スポンサードリンク
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が前日、日本の管理強化撤回と2国間協議を求めたことについて、菅義偉官房長官は記者会見で「今回の措置は、輸出管理を適正に実施するものだ」「協議の対象ではなく、撤回は考えていない」と突き放したのだ。 国内外に向けた硬軟織り交ぜた対応は、公示前に注目された「老後資金2000万円」の年金問題や消費税増税問題を薄めてしまった感もある。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-11-k003.jpg

日本の政治は、衆議院と参議院は独立して議決し、両院の議論が一致すると国会の議決が成立します。両院の議決が異なると、両院協議会で調整する。衆議院は、任期が短く解散があり国民の考えを反映させやすいため、参議院よりも強い権限が与えられている。これを「衆議院の優越」という。 一方、参議院議員の任期は6年で、3年ごとに定員の半数を改選する。解散はないため、必ず3年に1度の選挙となる。この参議院の選挙を「通常選挙」という。

国内に弱い安倍首相が、選挙となると弁論のうまさに加え、ぎりぎりで秘策を出す。今までこの方法が意外と効果的であった。今回、過半数割れする可能性もあったわけで、もちろん今なおその可能性は残っているのだが、野党が決め手を欠くことで、安倍首相の言葉がさえる。もう一つ二つ切り出せれば、与党優勢が増すだろう。安倍首相は、まだ隠し玉を持っているのではないか…。

関連記事

[ 2019年07月11日 09:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp