韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  朝鮮半島有事の際に日本の自衛隊が投入される?

朝鮮半島有事の際に日本の自衛隊が投入される?

2019年7月11日、韓国・聯合ニュースは、国連軍司令部が「朝鮮半島有事の際に戦力の提供を受ける国」に日本を含める案を推進していると伝えた。実現した場合、日本の自衛隊が国連旗を掲げて朝鮮半島に上陸できるようになるが、これは「韓国の国民感情に反するものである上、北朝鮮や中国など周辺国からの反発も予想される」と指摘している。

記事によると、複数の韓国政府消息筋は同日、「米国は朝鮮半島における国連軍司令部の役割拡大を積極的に模索しており、国連軍司令部の後方基地がある日本についても、有事の際に朝鮮半島に兵力と装備を提供する『国連戦力提供国』に参加することを願ってきた」と話した。

国連軍司令部には現在、米国、豪州、ベルギー、カナダ、コロンビア、デンマーク、フランス、ギリシャ、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、南アフリカ共和国、タイ、トルコ、英国、韓国の18カ国が加入している。国連軍司令部は加入国を有事の際に兵力と装備を提供する「国連戦力提供国」と呼んでいる。加盟国は有事の際、国連旗を掲げて朝鮮半島に投入される。

スポンサードリンク
また、駐韓米軍司令部が同日に発表した「駐韓米軍2019戦略ダイジェスト」には、国連司令部が有事の際に日本と戦力支援協力するという内容が含まれたという。毎年発表されている「戦略ダイジェスト」に「国連司令部と日本の支援及び戦力協力」との文が掲載されたのは今年が初めてという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-12-k002.jpg

朝鮮戦争時には、日本は米軍の後方支援を実施しているわけで、もし朝鮮半島で戦争が起きれば、現在の憲法では米軍の後方支援となる。しかし日本が狙われる危険に応じて、自衛隊は日本を守るべく攻撃するだろう。もっとも有事の際と言うのだが、朝鮮半島の主権争いが、中国とロシア vs 米国と日本と言う構図ならば、恐ろしい戦争となる。単に、北朝鮮と韓国の戦争と言う構図はあり得ない。朝鮮半島と言う位置は、米日にとって重要な位置となる。それだけに、軍事境界線を言う名称も、北と南の名称も変わる可能性もある。この場合韓国は必要性が薄れているわけで、場所は重要だが、国はいらないというのが現状だ。

関連記事

[ 2019年07月12日 08:59 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp