韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「日本の代わりにフッ化水素を供給」ロシアが提案

「日本の代わりにフッ化水素を供給」ロシアが提案

2019年7月12日、韓国・ハンギョレ新聞は、ロシアが韓国に対し、日本による対韓国輸出規制強化の対象となっているフッ化水素の供給を提案していたことが分かったと伝えた。

記事によると、韓国政府関係者は11日、「ロシアが最近、外交ルートを通じてフッ化水素を韓国企業に提供できるとの意思を伝えてきた。韓国政府は日本がフッ化水素の供給を一時中断した昨年11月以降、日本産輸入の代わりになるルートを探していた」と話した。10日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が経済界関係者らと行った懇談会でも「ロシア政府は主に韓国大使館を通じて『フッ化水素の生産においてロシアは日本より優れた技術を持っている。日本産より純度の高いロシア産フッ化水素をサムスンに供給できる』との意思を伝えてきた」との話が出ていたという。

記事は「もしロシアの提案が実現すれば、日本がフッ化水素の輸出を規制しても韓国企業のダメージは大きくないと予想される」とし、「サムスンなど韓国の半導体企業の主な輸入先も日本からロシアに変わる可能性が高い」と伝えている。ただ業界は「供給会社を変える場合は収率を上げるためのテスト期間が必要となるため、当分は半導体の生産量減少が避けられない」と説明しているという。

スポンサードリンク
また、同政府関係者は「半導体の生産ラインを1つ作るのに約1兆ウォン(約9200億円)かかるため設備セキュリティーにかなり気を遣うという。そのためサムスンも長く信頼を積み重ねてきた日本企業と取り引きを続けてきたと聞いている」とも話したという。これについて、サムスン関係者は「まだ正確な内容を把握していない」と慎重な姿勢を示しており、「高純度のフッ化水素はデリケートな物質のため、品質テストだけでも2カ月以上かかる」と説明したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-03-03-pu-1.jpg

1906年にフッ素の研究と分離およびモアッサン電気炉の製作の業績によりノーベル化学賞を受賞。彼がノーベル賞の受賞候補者としてノミネートされた時、一緒に、ロシアのメンデレーエフもノミネートされていたとしている。だが、日本のフッ化水素は世界シェアでは、森田化学工業株式会社が8割独占。2割は日本企業の傘下である中国企業であるから、実質は独占状態にある。

ロシアが製造できたとしても、日本の特許を侵害しない高純度のフッ化水素を製造を実施する技術は、1906年の技術によるとも考えにくい。特許侵害に当たる可能性のほうが高い。ロシアのプーチンであるから、韓国へ吹っ掛けて、様子を見た程度ではないだろうか。本当に可能ならば、とっくに中国半導体に使用しているだろう。

関連記事

[ 2019年07月12日 12:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp