韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米頼みの「告げ口外交」も不発…事務会合も日本側は協議に応じない見通し

米頼みの「告げ口外交」も不発…事務会合も日本側は協議に応じない見通し

半導体素材の輸出管理強化をめぐる日本側の毅然(きぜん)とした対応に、文在寅政権が窮地だ。米国に泣きつく「告げ口外交」も不発に終わった。12日には日韓当局者が事務レベル会合を開くが、日本側は経緯や内容の説明だけで協議には応じない見通し。韓国外交は八方ふさがりだ。

「韓米日の3カ国協力の側面からみても、日本の輸出規制は望ましくはない」 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は10日深夜、マイク・ポンペオ米国務長官と電話で会談し、日本の輸出管理強化への懸念を伝えた。 韓国外務省の発表によると、ポンペオ氏は康氏に対し「理解を示した」というが、米国務省が公表した会談内容には全く触れられてはいない。

米国務省のホームページ上では、「北朝鮮の非核化に向けた日米韓の3カ国の協力を再確認し、インド太平洋地域での共通の課題に取り組むため緊密に協力し続けることで合意した」とだけある。事態を静観していることは明白だ。韓国側は、それでもなお、「米国頼み」で前のめりになっているようだ。聯合ニュースは11日、韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長の訪米を伝えた。

スポンサードリンク
経済産業省幹部(課長級)が12日午後、都内で韓国側と接触し、「安全保障上の脅威に対応するとの観点から、輸出管理を見直した」という経緯や内容を説明する。 韓国側は措置の撤回を求めてくるとみられるが、日本側は撤回に向けた協議に応じることはない。韓国に打つ手はあるのか。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-12-k003.jpg

日韓問題に米国が口をはさむことは無い。まして両首脳で相談した事でもあるだろう。瀬取り問題もある。今軍事利用は米国もピリピリしている。「詳細を示せ」と韓国側は言うが、日本政府に詳細情報が確実にあれば、公開すれば韓国政府は固まるだけとなる。さらに興味深いのは、情報は金正恩が握っているという事だ。そのカギを何処で使うのかで、北朝鮮の優位性がかわる。タイミングをみないと北朝鮮に批判が向けられるわけで、韓国から受け取ったという妥当性を見いだせるタイミングはそのうち来るだろう。こちらの方が現実的なだけに、厄介だと思うが…。

関連記事

[ 2019年07月12日 13:00 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp