韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の輸出規制に韓国は「目には目を」で対抗できるか

日本の輸出規制に韓国は「目には目を」で対抗できるか

日本があっという間に3品目の輸出規制を打ち出したの比べ、韓国は明らかに受け身の立場に立たされている。日本が「韓国に対する輸出規制の撤廃は考えていない」と態度を明確にすると、韓国の文在寅大統領は現地時間の10日、緊急対抗措置をとるとついに発表した。

日本が措置を発動してから1週間近く経っている。これまでの経過を振り返ると、韓国は絶えず日本に呼びかける以外、実質的な反撃はできていない。韓国は国内経済が不調続きで、外部への要所も日本にがっちりと押さえ込まれ、内憂外患という言葉で言い表しても少しも誇張ではない。「北京商報」が伝えた。

日本が韓国をやっつけると決めて、困ったことになったのは日韓間でビジネスを展開する企業だ。サムスン電子やSKハイニックスなどの大手企業なら自分たちの力でなんとか持ちこたえることができるが、多くの中小企業はそうとは限らない。韓国・聯合ニュースが10日に伝えたところでは、日本政府の対韓輸出規制措置は長期的な管制メカニズムになる可能性があり、韓国の中小企業は危機感を募らせているという。

スポンサードリンク
韓国が出した結論は9日に行われた調査に基づくものだ。直接的または間接的に影響を受けるとみられる中小企業269社にたずねたところ、日本が輸出規制を続けた場合、6カ月以上持ちこたえられないとした企業は59%に達したが、3カ月でも難しいとしたところは28.9%で、規制が1年間続いても持ちこたえられるとした企業は20%しかなかった。SKハイニックスの関係者も以前、「ストックは3カ月分もない。追加調達できなければ、3カ月後に工場は操業停止になるかもしれない」と明かした。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-13-k002.jpg

韓国は輸出規制といっただけで、必要な書類さえ提示できないのだろうか…。実はこれだけでも大きな負担になるのが韓国企業となる。特に中小企業は書類となると頭を抱える。普通は書類は整理されているわけで、規制がかかったからと言っても問題になるほどではない。在庫と言う部分においては、在庫する場所や設備を増やす必要が出てくる、とにもかくにも面倒という事になる。それだけ適当というわけだ。輸出入をしっかりできている企業は、在庫管理と在庫量の対応を追加することになるが、書類すらしっかりと維持管理できないわけで、何とも困った問題だ。

だからこそ、輸出規制をかけたわけで、韓国以外の一般企業であれば、ごく当たり前の事だと思うが…。フッ化水素の代替えと言う話があるがこの手の話は代替えは無理。評価に時間がかかるだけではない。日本産を使用する以外道は無い。サムスンが一番理解しているだろう。

関連記事

[ 2019年07月13日 09:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
旧宗主国の言いなりで
日本メディアのレコードチャイナだから、引用元の
選び方は勝手にやれるが、ここでは人民日報を選んだ、
これが、非常に内容が充実した報道記事で、韓国の
弱点をしっかり把握している、

中国はこの事件の先の展開に大きく注目している、
書類管理がずさんだ、そんなレベルの話じゃない、
韓国企業は大から中小まで日本製部材に依存度が高く、
代替品調達の道を開いていない、これはまるで、
旧宗主国に言いなり支配された製造業があって、
そういう体制に疑問をもたなかったということだ、

中国はこの事件をどうとらえるか・・属国を支配する手法
と学習するだろう、
[ 2019/07/13 12:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp