韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日韓事務会合「6時間説明」で韓国返り討ち! VX、サリン原料も大量不正輸出

日韓事務会合「6時間説明」で韓国返り討ち! VX、サリン原料も大量不正輸出

日本が半導体素材の韓国向け輸出管理を強化したことを受けて開かれた両国当局者による12日の事務レベル会合で、日本側は6時間近くにわたって「丁寧な説明」を行い、返り討ちにした。一方で韓国はサリンやVXガスなどの生物・化学兵器関連の物資を大量に不正輸出するなど、自らの輸出管理が「ザル状態」だったことも明らかになり、立場はない。

「今回の措置は世界貿易機関(WTO)協定には違反しない。徴用工訴訟をめぐる対抗措置でもない」(日本側当局者) 12日午後2時。経済産業省別館の会議室で、日韓の貿易管理や貿易安全保障の担当者による会合が、非公開で始まった。部屋の片隅にはテーブルと簡易ないすが積まれ、実に殺風景だった。 韓国側には当初、「いずれ今回の日本側の措置はWTOの協定違反なのだと訴えよう」という思惑があり、局長級以上での2国間協議を日本側に要請していたが、日本側はあくまで「協議」ではなく、事務的な「説明の場」と突っぱねた。

日本側は、今回の措置について「韓国側に軍事転用が可能な品目について、輸出管理上の不適切な事案があり、安全保障を目的に、予防的措置として日本国内の運用を見直したまでだ」と、淡々と説明した。

スポンサードリンク
会合は予定をはるかに上回り、6時間近くにおよんだ。会合後、経産省関係者は「韓国側の理解が進んでおらず、時間が長引いた」と、ほとほとあきれた様子だった。大量破壊兵器に転用可能な物資が、韓国から北朝鮮の友好国などに不正に輸出されていた。 2016年1月から約3年間で韓国政府が「摘発」したとされる142件の不正輸出のなかでも、なんと68件がサリンやVXガスなどの生物・化学(BC)兵器関連の物資だったと産経新聞が13日朝刊で報じた。BC兵器は「貧者の核兵器」といわれ、テロ組織・国家への拡散防止が世界的な課題だ。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-03-20-k001.jpg

韓国向け輸出管理の厳格化をめぐり12日に東京で開かれた日韓当局者の会合について、韓国では「初の実務協議」だと受け止め、「説明会」だと位置付ける日本側に反発出来なかった。当然だろう。朝鮮日報は、羽田空港を出発する前に記者会見を開き、「日本側の主張は事実と違う。我々は日本側の(輸出規制)措置に対して遺憾の意を表明し、措置の原状回復、すなわち撤回を要請した」と述べたと伝えているが、実務者協議での説明会とはさすがに言えなかっただろう。

自国に帰る寸前に、メディアに言う言葉も嘘で固める様では困りごとだが…。そもそも6時間もかかる会議ではない。日本側か不正輸出の実態を明確に説明した事で焦りを感じたのではないのか…。

関連記事

[ 2019年07月15日 09:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
ホワイト国は日本の自由裁量
ホワイト国という決めごとは国際輸出管理レジームに基づいて、
日本国が自主的に定めた国内法である。
米国や韓国がTPPに加盟するかどうかは当該国の任意な判断によるのと同じで、
日本国が定めるホワイト国にどこを選ぶかは日本の任意な判断によることで、
他国が干渉することではない。

他国がホワイト国にしてくれと申し入れることではない、
なので、今回の両国面談は「説明」であって、「協議」ではない、
韓国はそこをはき違えている、
自国に不利なことを理解不能に陥っており、とれる行動が他にないから
意味なく、がなっているのが韓国だ。みっともない。
[ 2019/07/15 10:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp