韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国「ブラック国」に転落!…日本政府の輸出管理強化に米国のバックアップ

韓国「ブラック国」に転落!…日本政府の輸出管理強化に米国のバックアップ

韓国に対する輸出管理の強化が話題を呼んでいる。まず大事なのは、日本政府が行ったことは「優遇措置の廃止」であって、何ら世界貿易機関(WTO)など国際貿易のルールに反するものではないことだ。

WTOで定めたルールは、どの国にも平等に適用すべきなのが基本だが、ある一定の国を特定の条件で「優遇」したり「優遇を取りやめる」のは、本来それぞれの国の自由裁量だ。

いわゆる「ホワイト国」は韓国を含め27カ国だ。世界には196の国連加盟国があり、非加盟国を含めれば約200あるとされる。日本がホワイト国に指定しているのは世界の国々のうち14%弱にしか過ぎない。

レーダー照射問題、いわゆる徴用工問題などで、日本に対して不誠実な国の少なくともトップスリーに入る国が「ホワイト国」とされてきたことがむしろ政府の怠慢で、「ブラック国指定」してもおかしくない。

スポンサードリンク
米国側も、レーダー照射問題に関して謝罪をするどころか、嘘を塗り固める文政権には愛想を尽かしているようだ。 日本による輸出管理の強化が7月4日に実行されたことを考えても、トランプ氏の訪問で韓国は、「事実上」日米との同盟国の地位を失ったと言ってよい。そして、年末に向けての交渉では「北朝鮮の完全核廃棄」の交換条件が「米軍の韓国からの完全撤退」となるのではないか。そうなると、共産主義から自由社会を守る防衛線は38度線ではなく日本海となる。日本本土だけではなく沖縄や台湾も自由社会にとって重要な防衛ラインだ。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-06-30-k001.jpg

この記事のジャーナリストは、「米軍の韓国からの完全撤退」となり、防衛線は38度線ではなく日本海となると伝えている。実はここの考え方が専門家でも二分する。米軍が完全撤退すれば、中国軍が代わりに入り込むだろう。朝鮮半島が大国への通り道ならば、簡単に明け渡すとは考えにくい。そこに関連国の思惑があるのだろうと考える。在韓米軍の縮小はあっても、北朝鮮からの攻撃を守るというための米軍ではなくなる可能性がある。つまり攻撃ではなく、監視部隊となる。日本からすれば二重監視で国を守れる。日本の二重監視は強いては米国を守ることになる。

トランプ大統領はどのように考えるのかが、一つの大きなカギとなる。日米が確実に意思疎通ができて動いているならば、防衛線は38度線ではなく日本海となるという考えは無い。日本防衛と米国防衛は北朝鮮だけでは無いわけで、在韓米軍の場所を日米統治として考えれば、監視場所として、維持する事のほうが日米は安全である。

関連記事

[ 2019年07月15日 15:47 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp