韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「日本の被害の方が大きい」「外交の場に出てこい」

文大統領「日本の被害の方が大きい」「外交の場に出てこい」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、日本の経済報復について「日本政府は一方的に圧力を加えるのをやめ、今からでも外交的解決の場に戻ってくるように願う」と述べた。文大統領は同日の韓国大統領府首席秘書官・補佐官会議で、日本に対して徴用判決問題を話し合うための外交協議に応じるよう要求した上で、このように述べた。

しかし、「日本の意図がそこ(韓国経済けん制)にあるなら成功しないだろう」と日本に対する警告の語調も強めた。日本が強制徴用交渉のための「第三国による仲裁委員会の設置」で韓国側の回答期限として提示した18日を前に、対話カードと警告カードの両方を切ったものと見られている。大統領府関係者は「日本に対して多方面から外交協議を要求しているが、回答がない。日本が積極的に外交交渉に出てくるよう注文したものだ」と語った。

文大統領は「政府は大法院(最高裁判所)徴用被害者判決履行問題の円満な外交的解決策を日本政府に提示した。我々が提示した案が唯一の解決方法だと主張したことはなく、両国国民と被害者たちの共感を得られる合理的な案を協議しようということだ」と説明した。

スポンサードリンク
韓国政府は韓日両国の企業が作った基金で徴用被害者に慰謝料を支給する「1+1」基金案を提案したが、日本は拒否した。文大統領の発言は、日本が対話の場に出てくれば、従来の「1+1」基金案に韓国政府が参加する案も一部検討可能だという意味だと解釈できる。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-03-k002.jpg

文氏に出来ることは無い。またメディアを通じて、アホなことを告げているが、原因は韓国政府の異常行動にある。条約も合意文書も守らない大統領では論外。世界の中で孤立するだけとなる、この連中に反省と言う文字は無い。自己都合であるから、米国に頼んだりと、自分たちで何とか工夫するという頭は無いのだから話しても無駄となる。

外交ができない連中に「外交の場に出てこい」などもってのほか、日本を敵国視した挙句に、今まで反日政策でどれほど、酷いことを実施してきたかの反省もない。自分たちで考える事である。たかが規制でしかない。貿易において、規制も守らないような国が、有効貿易国とすること自体が間違いであるから、しっかり日本の規制を守ることである。

関連記事

[ 2019年07月16日 08:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp