韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「どこで何が爆発するかわからない」…日本のホワイト国規制品目

「どこで何が爆発するかわからない」…日本のホワイト国規制品目

「いつどこで何が爆発するかだれもわからない」。 日本政府が今月24日に予告した韓国のホワイト国除外に韓国の産業界が震えている。こうした懸念が提起されるのは日本政府の輸出規制品目決定により産業別の波及力が明確に違うためだ。

日本政府が経済制裁カードとして取り上げているホワイト国リストには現在韓国を含む27カ国が入っている。米国、英国、ドイツが代表的だ。日本政府が作ったホワイト国リストに入れば、大量破壊兵器(WMD)開発に転用できる品目の輸出で特別な制限を受けない。日本政府が安全保障上の問題がないと判断した国に対し品目別の個別輸出許可申請を免除する方式だ。だが日本政府がホワイトリストから韓国を除外する場合、日本政府が告示した40品目に対しては個別に輸出許可を受けなければならない。それだけ輸出通関で不利益を与えるという意図だ。

問題はどの品目がホワイト国除外により輸出規制対象に含まれるのか、産業界だけでなく韓国政府もまったく見えていないというところにある。日本政府はホワイト国輸出品目を包括的に規定しており、現段階では輸出規制品目を予測するのが不可能だからだ。

スポンサードリンク
日本の経済産業省がホームページを通じて告示した監視品目リストは40種類だ。遠心分離機、人工黒鉛、大型トラックが代表的だ。 日本政府が40品目のリストをどのように解釈するかにより個別輸出許可品目は完全に変わる。例えば遠心分離機は核爆弾の原料に使う高濃縮ウランを作れるものから一般的な化学工程に使われるものまで多様な製品が存在する。だが経済産業省のリストはこれらをひとつのカテゴリーにまとめて輸出を規制している。韓国政府傘下の戦略物資管理院関係者は「日本政府が告示した40種類の監視品目リストがわかっているだけでどの品目がいつ輸出規制に含まれるかは日本政府が具体的な品目リストを公開するまで確認できない」と話した。
https://japanese.joins.com/

2013-12-16-tpp.jpg

日本が規制を守りなさいと言って、いやだと反発しているわけで、だったら貿易はしないで良いという事になる。貿易する以上は規制を守る事が不可欠。規制は制限するわけではない。制限すれば制裁となるがあくまで規制である。韓国の無知な連中が騒ぐだけで、規制が守れないのは、条約無視と合意文書無視と同様となる。こうした動きから、規律を正し、今まで大目に見てきた貿易面で、しっかり書類提出し、貿易依頼を実施すべきとしたわけで、対応すれば良いだけである。

また書類審査を含めて時間がかかる部分は、在庫量との兼ね合いで、在庫調整計画をもって日本と外交し、それまでの期間の緩和請求を実施すれば良いものを、いきなり騒ぎ出す韓国であるから、論外となる。騒ぐだけ余計に規制は厳しくなる。

関連記事

[ 2019年07月16日 09:07 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
売り込みに乗せられた
こういうオーバーな騒ぎ方をする理由を想像すると、
日本製品(部品、材料、機械)を最初に採用する場面で
業者の売り込みに乗せられたのでしょう。
いわゆるターンキー式に売り込むと、業者が購入者を
支配する構造ができあがる。

供給の確実性とか、セカンドソースの必要性とか、
受入試験のやり方とか、使う側のノウハウを心配しなかった。
なので、買いにくくなるとひどく困ることになる。

日本製品不買運動が起こっているらしいが、思い切り
日本依存の産業を全部廃止すればスッキリする。
[ 2019/07/16 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp