韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日韓経済貿易紛争、韓国はなぜ日本に要所を押さえられたのか

日韓経済貿易紛争、韓国はなぜ日本に要所を押さえられたのか

日本が韓国に対して制裁措置を発動した背後には、複数の動機があるが、突き詰めると、両国間に横たわる民族的な恨みの感情が根源とみられる。日本の正確に的を絞った操作が、確かに韓国の基幹産業ののど元を締め付けている。日本はなぜ原材料3品目の輸出を規制するだけで、韓国を不安でいても立ってもいられなくさせることができるのだろうか。環球時報が伝えた。

日本は部品と原材料と設備を提供し、韓国が製品に仕立て上げる。韓国は1965年に日本との国交が正常化してからずっと、対日貿易赤字の問題に直面しており、赤字額は累計6046億ドルに達した。主な原因はこのような韓国の産業構造と貿易構造にある。

昨年の韓国の対日貿易赤字は240億8000万ドルで、国別で規模最大だった。具体的にみると、原材料、キシレン、機械類で85億7000万ドル、電気機器、録音設備、再生機器で43億3000万ドル、電子部品製造装置、精密機械などで35億7000万ドルの赤字が生まれた。全体としてみると、半導体設備、電子部品製造機械、電子機械制御装置などが赤字の主要因だ。

スポンサードリンク
日本の立場で考えるとわかりやすい。「欧州人が新しいものやことを発明し、米国人が商品化し、英国人が投資し、フランス人がデザインを請け負い、日本人が小型化し、中国人が価格を引き下げる」。これは日本で多くの人が聞いたことのある見方だ。こうした分業チェーンから主要国が世界の工業製造分野でどこに位置しているかがわかるが、製造業が発達しているはずの韓国はチェーンに組み込まれていない。確かに、韓国の寄与には限界があり、その原因は韓国だけの得意分野がないことだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-03-31-wa.jpg

記事では、韓国は発展の初期段階に日本を模倣して、一時は電子産業で日本のお株を奪ったが、長い時間がたった今みると、日本は模倣はされたが追い抜かれはせず、韓国は結局、得意分野を見いだす努力をしなかったし、そのために長期的な投資をすることもなかったと伝えている。日本は、製品は大手企業、部品は中小企業と言う区分けが成立している。製品更に部品共に、熟練した技術を要するわけで、それぞれに特許包囲網が組まれている。日本の中小企業は、総額で内部留保金は大手企業より多い。技術を駆使しため込み、いざと言う時のため補填であるから、慎重に投資する。

一方、部品はすべて製品の品質を担う。部品が良ければクレーム発生は限りなくゼロに近い。それだけに部品においてコストが合わずに大手企業は参入できない分野となる。コストダウン手法や人件費の違いもある。またパート比率も高い中で、中小企業技術は、同業他社と連携し分野ごとの協力体制が整っている。これが中小企業改革で、設備や人材の行き来が活発な企業も多い。韓国はこういう部分を勉強せずにきたしたツケであるから、内需が育たずに中小企業を低く見る傾向が強い。一方で、韓国の大手企業は、必要な重要部品は日本の中小企業から受注している現状がある。

関連記事

[ 2019年07月16日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
財閥企業は脱韓国
前回と同じく、中国共産党系メディアの報道引用ですか、
韓国の産業パラダイムが旧宗主国依存のままで、サプライチェーンに
弱点を残した、日本がそこを突いた、ということです。

韓国では政府と財閥のコミュニケーションがなかったようだ、
財閥企業は脱韓国・海外移転の大計画を展開、政府はそれを放置、
「反日を強めるが、サムスンの部材は大丈夫か?」
そういう問いかけはなかったのでしょう。
[ 2019/07/16 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp