韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  世界はますます中国経済に依存、だが中国はその逆

世界はますます中国経済に依存、だが中国はその逆

2019年7月16日、米華字メディアの多維新聞は、世界経済がますます中国に依存する一方で、中国は世界への依存度を下げつつあるとする記事を掲載した。

記事は、米マッキンゼー・アンド・カンパニーによる調査報告で、2015~18年の各四半期のうち6割で中国の経済成長の主体が国内消費だったことが分かったと紹介。中国が対外貿易への依存度を下げつつあることの現れであり、中国の経済成長の原動力はもはや貿易や投資ではなく国内消費になっていると伝えた。 また、同社が中国と世界との経済的な繋がりについて研究したところ、中国経済において中国人消費者の支えがますます重要になっており、中国の製造業者が外国の消費者ではなく自国消費者向けに製品を作るようになったことが分かったとしている。

一方、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムなどの国は世界的なサプライチェーンにおいて中国との関係性を強めており、中国への依存度が高まっていると指摘。さらに、オーストラリア、チリ、南アフリカなどの原料輸出国、エジプト、パキスタンといった新興市場は中国と世界情勢の変化による影響を受け安くなっているとした。

スポンサードリンク
同社は「この傾向により、中国経済が抱えるリスクはすでに低下していることが明らか」とする一方、「同時に他国・地域に比べて、中国経済が依然として閉ざされたものであるという現実も表している」とも指摘している。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-05-13-k002.jpg

中国の市場特性として、コメは、小麦、とうもろこしと並んで、中国の最も重要な食糧作物の一つとなる。精米の2014年度の生産量は1億4,460万トン、同年度の消費量は1億4,450万トンです。精米は年間の生産量と消費量がほぼ同じで推移している。 2015年 の中国でのコメの輸出入量は 輸入が約 335万トン、輸出が約28万6,000トンと、輸入量が輸出量を上回っている。輸入先国はベトナムとタイで全体の約8割を占めており、日本から中国への商業用の米輸出量は、香港、シンガポール、台湾に次ぐ第4位で568トンです(2015年実績)。

そんな中で、2017年の貿易統計では、米国のモノの貿易赤字は7962億ドルであり、そのうち対中赤字は約半分の3752億ドルとなる。一方、中国の貿易収支は4215億ドルの黒字。中国にとっては貿易黒字の大半を米国から稼いでいるという構図。中国としては、対米貿易でダメージを受けると、中国経済に大きな悪影響が出る。

関連記事

[ 2019年07月18日 08:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp