韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日韓が“自殺式”貿易戦争、最大の勝利者は中国に?

日韓が“自殺式”貿易戦争、最大の勝利者は中国に?

中国メディアの環球時報は19日、日本と韓国の貿易摩擦を受け、韓国企業が日本に代わる輸入元として中国企業に注目していると伝えた。

日本政府は4日から、半導体の材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の韓国向け輸出規制を発動。韓国・KBSは18日、韓国半導体関連企業が輸入元の多様化を図っているとし、サムスン電子やSKハイニックスなどの幹部が中国を訪れ、サプライヤーを探していると伝えた。17日には、中国の化学原料メーカーの浜化集団が、韓国の半導体メーカーからフッ化水素を受注したとも報じられた。

韓国・毎日経済は18日、「日韓の“自殺式”貿易戦争は、中国を最大の勝利者にさせるかもしれない」と報じた。韓国の専門家は、日韓の貿易摩擦が中国の国内総生産(GDP)を0.5~0.7%押し上げることになると予想しているという。

スポンサードリンク
中国商務部研究院の元院長・霍建国(フオ・ジエングオ)氏は「日本の韓国に対する措置は米国の貿易戦争のやり方をまねたもので、国際貿易秩序を破壊する行為とみなすことができる」と指摘。「韓国企業が中国企業に対する発注を増やすことは、中国企業の発展にポジティブな作用をもたらす」
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-13-k002.jpg

韓中メディアのみならず、米国メディアも、日本の規制を取り上げている。だが、規制であって、輸出量減少になるわけではない。輸出手続きをしっかりすれば良いだけであるのに、なんでこれほど大騒ぎとなるのかのほうが大問題。間違った報道をした結果と言える。また半導体シェアが韓国に集中し、挙句に韓国が貿易手続きすら拒んで、韓国メディアが拡散した結果であるから、文政権も困っているだろう。日本に歩み寄りすら出来なくなったわけで、韓国メディアのレベルの低さと、文氏の読みの甘さと、自国民の考えのレベルの低さを露呈した。

世界の他のメディアは、韓国の騒ぎを見いて報じたわけで、毅然とした動きの中では、問題となるほどの事では無いはず。もっとも日本政府の腹の中の読みはあったわけで、結果規制が制限に変わる形が出来上がった。これにより保護貿易となる、システム半導体や東芝メモリーなどは恩恵を受けることになる。その裏で韓国で人気の高いビールなど、影響を受けるものが増えそうだが…。

関連記事

[ 2019年07月19日 18:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp