韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の4~6月成長率、四半期で過去最低の6.2%増

中国の4~6月成長率、四半期で過去最低の6.2%増

中国の今年4~6月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.2%増と、四半期ごとの数字を公表している1992年以降で最低だった。これを受け、米国のトランプ大統領は米国が発動した対中追加関税が「大きな影響」と強調。さらに圧力強化をちらつかせ、中国に貿易協議で一段の譲歩を迫った。

中国国家統計局が15日発表した2019年4~6月のGDPは、物価の変動を除いた実質で前年同期より6.2%増で、1~3月期から0.2ポイント縮小した。四半期ベースではリーマン・ショック直後の09年1~3月期(6.4%増)を下回った。

中国の成長率は19年1~3月期に6.4%増と1年ぶりに減速が止まったものの、4~6月はまた減速傾向に戻った。成長率は19年の政府目標「6~6.5%増」の範囲内に収まったが、米中貿易協議が長引き、企業の投資意欲や消費者心理が冷え込んだことが景気の足を引っ張った。国家統計局の毛盛勇報道官は記者会見で「国内外の経済情勢は依然として複雑かつ厳しい。経済は新たな下押し圧力に直面している」と指摘した。

スポンサードリンク
GDP以外の経済指標では1~6月工業生産が前年同期比6.0%増で、1~3月(6.5%増)から減速した。自動車や半導体の生産が振るわず、米国が昨年夏から掛けた追加関税も響き、輸出向け製品の生産が鈍った。工場やオフィスビルの建設などの固定資産投資は1~6月の累計で前年同期比5.8%増。伸び率は1~3月(6.3%増)に比べ低かった。不動産投資は堅調だったが、製造業の投資が低迷している。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-05-13-k002.jpg

中国の経済成長率は7%がガイドラインであるから、それ以下だと失業率が上昇する。中国の場合は副業の国と言われているほどであるから、訪日中国人が増加するという事は、副業は維持していると思われる。米国との貿易摩擦が加速するほどに、中国の経済成長率はやはり低下する。トランプ氏は緩和するとしたが、米国も対中貿易でのマイナス緩和に必死であるから、当分この状態が続くだろう。貿易戦争は勝者は無いのだが、米国もまた、利下げの必要性が出てきたことで、中国からの輸出低減は、自国民の消費力を減少させ、結果経済低迷へとつながりかねない。

大国同士の貿易戦争は、どちらにしてもよい結果とはならない。

関連記事

[ 2019年07月20日 08:47 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp