韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰

日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰

トランプ米大統領は19日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、輸出管理をめぐる日本との対立に関して仲介を頼まれたことを明らかにした。

「もし日韓双方が私に求めるのであれば関与するだろう」と述べたが、すでに北朝鮮問題など多くの懸案を抱える中での介入には及び腰な構えをみせ、まずは日韓で解決に当たるべきだとの認識を示したのが望ましいとの立場を示した。

トランプ氏が日韓の仲介について公的な場で発言したのは初めて。トランプ氏はホワイトハウスで、報道陣の質問に対し「現在、日韓間に摩擦がある。実際に韓国大統領から(仲介に向けて)関与できないか頼まれた」と話した。文氏には「いくつのことに関わらないといけないのか」と返答したという。

その上でトランプ氏は、すでに米政府は朝鮮半島問題をはじめ「多くのことに関わっている」と指摘。さらに日韓に介入するのは「フルタイムの仕事のようなものだ」として、乗り気でない様子をのぞかせた。

  スポンサードリンク
トランプ氏は、安倍晋三首相と文氏の2人が「私を必要とするのなら、そうする」と述べ、介入には日本側の要請も前提との立場を表明。ただ「彼らが解決してくれるのが望ましい」とくぎを刺した。
https://www.sankei.com/

2019-07-10-k003.jpg

アメリカのトランプ大統領は、緊張する日韓関係をめぐり、韓国の文在寅大統領から関与を求められたことを明らかにした上で、両国の求めがあれば仲裁に入る考えを示した。日本が米国に仲裁は求めないだろう。そもそも日米首脳で相談したことである。各メディアによって微妙に違う。 トランプ氏は19日、「なんとたくさんの事に私は関わらなくてはならないのか、と私は言った」とホワイトハウスで記者団に話している。「北朝鮮問題に関わっているし、いろいろたくさんの問題に関わっている。韓国とは素晴らしい貿易協定をまとめたばかりだ。だが文氏は、貿易面で多くの摩擦が起きていると私に言ってくる」と語っている。

基本的には不満を掲載したり、と様々だが、安倍首相も仲裁を求めればと言うのは同様の様だ。トランプ氏が仲裁したところで、日本国内の規制まで、仲裁することは無い。そもそも規制でこれほど大騒ぎする国も珍しい。規制が報復となるのだから異常となる。日本の規制が報復や、日本製品不買運動につながるなら、即刻日韓貿易を止める事だ。

関連記事

[ 2019年07月20日 12:10 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
韓国引き寄せ
親北、親中な韓国の文在寅に米国に頼みごとをさせる、
そういうことを文在寅に言わせる、という狙い、
頼むからには平素の行動言動は米国寄りにしてくれなきゃ、
[ 2019/07/21 13:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp