韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の対韓輸出規制、「長くはもたないかもしれない」と中国専門家

日本の対韓輸出規制、「長くはもたないかもしれない」と中国専門家

2019年7月18日、北京商報は、日本の半導体材料の対韓輸出規制について、韓国のサムスン電子が苦境に立たされる一方で、日本企業も「安閑としてはいられない」と報じた。

記事は「貿易摩擦は、直接的にも間接的にも勝者なき結末を迎えることを、事実が改めて証明しようとしている」とし、「日本による輸出規制で韓国が首根っこをつかまれ、サムスンが苦しい日々を過ごす中、ユニクロや無印良品といった日本企業ものんびりとしてはいられない」と伝えた。 そして、「日本の著名ブランドがすでに韓国の消費者からボイコットに遭っており、ユニクロや無印良品がその典型になっている」と紹介。「その影響は数字を見ると明らかで、韓国におけるユニクロと無印良品の販売額がいずれも大きく減少している」とした。

また、「日本への影響は小売ブランドだけにはとどまらない」とし、日本のフォトレジストメーカー関係者が「韓国は主要な顧客であり、日本政府の措置が会社の製品販売に影響を及ぼし得る」と語ったこと、別の日本の化学品メーカー関係者も「韓国の半導体製品を使っている日本企業に影響が及ぶ」との見方を示したことを伝えている。

スポンサードリンク
中国現代国際関係研究院の劉軍(リウ・ジュン)研究員は「半導体材料の輸出は主に中小企業が担っており、長期化すれば中小企業の生産、貿易さらには生存に影響が及ぶ。そうなれば選挙にもその影響が表れてくるはずだ」と語った。劉氏はまた、韓国政府が自国の半導体産業を発展、強化する姿勢を打ち出していることを挙げ、日本による輸出規制措置は「そう長くはもたないかもしれない」との見解を示した。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-04-09-sa-2.jpg

日本の中小企業と言うが、中堅企業なわけで、設備も人材も規模も韓国レベルではない。世界シェアの大半を占めるならば、韓国企業が大きく減少すれば他企業に回るだけの事。またそういう部分に売り込みをかけるか、或いは相手企業との連携もありうる。韓国企業の中小企業と違って、営業ができるわけで、また政府も今回の場合、問題があれば後押しをするだろう。中国が主な顧客となる可能性もあるわけで、中国の専門家が危機感を唱えるのは、時期早々だろう。

それに何度も言うが規制であって報復では無い。サムスンが輸出申請をしっかり実施すれば良いだけの事。約一か月分の不足については、日本企業との打ち合わせの中で、政府の許可を得て、中国工場から入手することも可能だ。問題はしかりと輸出規制に則り実施してほしいという事である。韓国政府が反発するほどに財閥企業が苦しい立場に追いやられることになる。

関連記事

[ 2019年07月20日 18:52 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
専門家?
 専門家はアジテーターではなくあくまでもアナリストに徹して事実をもとに分析し素人に分かりやすく説明して頂きたい、分析が誤って世論をミスリードしないことが専門家の責任だと思われる
 韓国メディアの取材力、分析力の無さはメディアの能力の低さを露呈している読者を煽るだけのメディアは害になるだけでなんら存在価値もない、日本のメディアでは朝日、毎日、中日、東京、北海道新聞など代表だろう、幸い若者達は新聞を購読しないようなので害に犯されていないようだ、害に犯されているのは昔に学生運動、労働闘争をした老害の老人ばかりかも。
 最後に一言”先生(専門家)と呼ばれる程馬鹿じゃなし”
[ 2019/07/20 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp