韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  不満が後を絶たない韓国・済州島のレンタカーサービス、その原因は?

不満が後を絶たない韓国・済州島のレンタカーサービス、その原因は?

2019年7月12日、韓国・中央日報は「コメントだけで3000件、済州島のレンタカーが不快で不安」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国の人気観光地・済州島ではレンタカー事業が長年の「悩みの種」になっている。同紙レジャーチーム長の記者が今月8日にインターネット上に「済州島ではレンタカーの交通事故が1日64件発生していると推定される」との記事を掲載したところ約3000件のコメントが寄せられ、多くの人が済州島のレンタカー事業に憤慨していることが分かった。

済州島のレンタカー事業は登録制で低価競争が激しい。そのためかサービスへの不満が後を絶たず、車の欠陥問題も頻繁に出ている。中には、車の走行に重要な役割を持つミッションが故障したケースもあったという。

記事は原因について「行政の力不足と法令の不備」と指摘している。済州道庁は整備不良のレンタカーを取り締まらず、済州警察もレンタカー事故では車の欠陥を確認しない。

スポンサードリンク
また、済州道庁には正確な事故統計もないため、昨年末の時点で129のレンタカー会社のうち事故の現況が分かるのはレンタカー組合共済会に加入した80社ほどだけという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-21-k005.jpg

済州で観光する際、島を一周するにはバスや電車での交通手段が乏しく、韓国人観光客は大半の人がレンタカーを利用する。済州はレンタカー会社が多く、業界内での競争も激しく、特にオフシーズンの価格競争が激しく、安い割にはトラブルが多い。済州島の治安は基本的に良いが、観光客を狙った繁華街や市場における窃盗、スリ、置き引き等の被害はあるとの事。さらにタクシーにおけるぼったくりや遠回りによるトラブルも少なくない。夜間の女性客を狙うケースも報告されている。ホテルでタクシーを呼んでもらい、夜間の1人での利用は避けたほうが良い。

日本と韓国の政治的軋轢や歴史問題に対し観光客が敏感になる必要はないが、軽率な言動は控えるべき。ささいな口論から思わぬトラブルに発展してしまうこともある。また、デモ開催時や戦争関連の記念日はデモ集団等にむやみに近づかない方が賢明との事だ。レンタカーは安いが、車の管理に手抜きがあったり、挙句に事故が増加している様だ。

関連記事

[ 2019年07月21日 19:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp