韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本は大都市の人口圧力をどのように緩和してきたか

日本は大都市の人口圧力をどのように緩和してきたか

日本は高度成長期に、大量の人口が都市に移動し、交通渋滞や居住環境の悪化、公共施設の整備が追いつかないなど、様々な問題が生じた。こうした「大都市病」への対処で、日本には成功体験もあるが、いまなお克服できない問題もある。経済参考報が伝えた。

より多くの雇用機会とより高い収入を求めて、人々は次々に大都市へ向かう。東京圏はピーク期には流入人口が毎年40万人近くに上った。1950年代中頃には、大量の人口が持続的に流入したため、東京をはじめとする大都市が急速に膨張して、生活環境や交通状況が急激に悪化し、大都市の弊害が顕在化した。

政府は一連の計画を打ち出し、「多核多圏域」型の空間概念を打ち出し、大学、研究機関、いくつかの都市機能をすでに発展したエリア以外の場所に移転させた。これと同時に、発展エリア内での工業の発展を制限するなど一連の法律を制定し、工業企業が圏内の別のエリアへ移転するよう誘導し、こうして徐々に日本の都市圏のエリア配置が形成されていった。

スポンサードリンク
日本は大学の創設や学部の増設を、特に技術・技能型の学部や専門を地方に配置し、製造業などの労働集約型産業を地方に分散させ、住宅や団地を首都圏計画における開発済みの地域以外の場所に建設して、都市中心部に人口が過度に集中する事態を防ぎ、人口を周辺エリアや地方へ流出するよう誘導することに成功した。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-02-23-wa-1.jpg

現在、日本が直面する主な問題は大都市病ではなく、地方の人口減少や深刻な高齢化となる。日本の問題として、内需型であったことから、日本語で一生過ごす時代から、次第に外資が増えてきたとはいえ、まだまだ英語などは限定的で、英語堪能な人材は、いまだ優遇される。それゆえに海外の若者を受け入れるのに言語の壁が立ちはだかる。本来日本の教育に英語が普通に浸透していれば、随分と新興国からの若者を受け入れるのに、さほどの苦労は無かったのではと思うが、今の日本はまだまだ、語学力が低下しており、インドネシアなどの新興国のほうが、語学堪能であるから、受け入れ側が、語学力で低下しているために、受け入れてもコミュニケーションが取れないなどの問題が発生している。

関連記事

[ 2019年07月22日 08:53 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp