韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の輸出管理強化に悲鳴!トランプ氏に仲介要請も…“破綻”寸前の韓国経済

日本の輸出管理強化に悲鳴!トランプ氏に仲介要請も…“破綻”寸前の韓国経済

経済低迷に苦しむ韓国。輸出も内需も低迷するなか、日本政府による半導体素材の輸出管理強化は「成長率を大きく引き下げる」と韓国メディアは悲鳴を上げる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、ドナルド・トランプ米大統領に仲介を要請したことが明らかになったが、うかがえるのは危機感の強さと日本へのおびえだ。文政権が掲げた経済政策は事実上破綻しており、もはや手詰まりなのか。

約3年ぶりの利下げを決め、経済成長率の見通しを4月の2・5%から2・2%に下方修正した韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は18日、「上半期の輸出と投資が予想より振るわず、今後も楽観しがたい」と説明。日本の輸出管理強化について「拡大すれば、韓国経済に及ぼす影響が小さいとはいえない」とも述べた。

中央日報は、日本政府による半導体素材の輸出管理強化が下半期も続き、他の産業にも輸出規制が拡大すれば、「今年の成長率は0・8%落ちることも考えられる」とする専門家の見解を紹介し、成長率が1%台に落ち込む恐れがあると伝えるなど、経済減速の原因を日本に求める風潮が強まっている。

スポンサードリンク
韓国の現状について西濱氏は、「家計債務がGDP(国内総生産)の8割に相当する水準まで拡大しており、利下げしても消費拡大などの効果は弱まっている。また、市場はFRB(米連邦準備制度理事会)がもっと大幅に利下げすると期待しており、韓国の利下げ効果が打ち消される可能性もある。ウォン安になったとしても、中国への依存度が高いため、中国経済の減速が続くなかでは輸出を伸ばす効果は限定的ではないか」とみる。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-11-k005.jpg

日韓貿易は、韓国で製造し、中国で製品化したのち米国へ輸出するわけで、中国からの輸出低下で米国に影響を与えている一方で、中国に部品を提供する韓国にとって、死活問題となる。日本にとっては、韓国で不買運動やら、様々な対応処置がとらて初めているが、化学物質におけるシェアの高さは、販売する企業を他国に変える事で対応ができる。韓国は主産業が少ないので、日本のように幅広い分野の産業を持てない。

日本に半導体で勝ったと喜んでも、その付加価値の高い部分は日本では、日韓貿易での赤字はいつまでたっても解消されない。日韓貿易で化学物質が占める割合はさほど高くないが、日本の化学工場は中国にもある。中国や台湾に米国が日本にフッ化水素を依頼すれば、日本は提供できるわけで、半導体シェアを独占する韓国に対し、独占緩和を実施可能となる規制でもある。

関連記事

[ 2019年07月22日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
文在寅は大騒ぎ
長く韓国の政治と経済を観測してきた安倍・麻生コンビが
チョイと貿易管理に手をうつと、このざま、
産業界には必ず代替品があるから、落ち着いて対策すればいいい、
文在寅は自分の政策の空白地帯を攻められて大騒ぎしている、、
文在寅がトランプに泣き寧入りしたというから効果抜群、
[ 2019/07/22 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp