韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米中貿易戦争の激化で、中国人富豪による米国不動産への投資額が激減

米中貿易戦争の激化で、中国人富豪による米国不動産への投資額が激減

2019年7月21日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、米中貿易戦争がエスカレートする中で、中国人富豪による米国不動産への投資額が激減していると報じた。

記事は米ウォール・ストリート・ジャーナルの報道を引用。全米不動産業者協会が発表した統計で、この2年間で外国人による米国不動産の成約額が半減しており、今年3月までの1年間で中国人が購入した米国不動産の総額は130億米ドル(約1兆4000億円)を少し超える程度で、前の1年に比べて56%も減少したと伝えている。 そして、経済学者や不動産業界関係者の話として、この1年は世界経済の成長鈍化、米中貿易戦争のエスカレート、トランプ米大統領による反移民の言論、さらに米ドルの上昇といった要素が重なったことで、外国人投資家が「米国は友好的な場所ではない」と認識するようになったとした。

また、現在の外国人による米国不動産購入規模について、中国や南米の購入者が「安全な資金の保管先」として目を付け、続々と米国不動産市場に参入し始めた2013年以降で最低の水準にまで落ち込んだとも伝えている。

スポンサードリンク
そして、同協会のチーフアナリストが「この縮小幅には相当驚かされる」と語るとともに、これまで価格をつり上げてきた中国人の米不動産離れにより不動産価格が落ち着くことは米国における住宅不足問題を解決するうえで有益だとの見方を示す一方、ニューヨークやマイアミといった高級住宅の供給過剰地域にとっては価格の下落は決して喜ばしいことではないと語ったことを紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-04-09-wa.jpg

今年1月、中国から米国に対して行われた直接投資が2018年は前年比83%減の48億ドル(約5200億円)と大きく落ち込んだ。中国企業からの投資が大きく減少しているほか、不動産や娯楽ビジネスなどの資産の売却も進んだ。中国からの対米投資がなくなった背景は、中国政府が導入した海外投資に対する規制が影響している。米政府は国外からの投資について規制を強化する方向で動いているほか、米中間の貿易摩擦も影響している。

ベーカー&マッケンジーは報告書で、不動産や輸送、インフラといった分野への中国からの投資は「大部分が消え去った」と指摘している。一方フランスやドイツ、スペインなどへの投資額は増加した。米国の隣国であるカナダに対する投資も27億ドルと80%の増加となっている。中国による対米投資は16年の456億ドルが過去最高だった。

関連記事

[ 2019年07月22日 11:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp