韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンとSKに「米国に半導体工場建設を検討」説浮上

サムスンとSKに「米国に半導体工場建設を検討」説浮上

2019年7月23日、米華字メディアの多維新聞によると、韓国紙・朝鮮日報は同日、「日本による経済報復が長期化する兆しがある中、サムスン電子とSKハイニックスが、韓国・中国を中心とする生産体制に米国を追加する『新長期プラン』を検討するという話が出ている」と報じている。

それによると、半導体業界関係者は「日本の圧力に危機感を抱く韓国の半導体にとって、米国は最高のグリーンゾーン(安全地帯)だ」とし、「日本は、サムスン電子とSKハイニックスの韓国工場と、韓国を経て中国の工場へ行く材料の輸出を規制することは可能だが、米国に行く材料までブロックすることは不可能だ」としている。

サムスン電子はDRAMのすべてを韓国で生産し、SKハイニックスはDRAMの60%を韓国で、40%を中国で生産してきた。米国に工場を建設すれば、米中貿易戦争により懸念される半導体関税の爆弾を避けられるだけでなく、日本による材料圧迫も避けられるという主張だ。

スポンサードリンク
だが、米国での工場建設について、サムスン電子の関係者は「具体的に検討する内容はない」としており、サムスン電子とSKハイニックスは今後3〜4年以内に韓国国内に数十兆ウォンの投資を決定していることから、米国に工場を建設する余力はないとの見方もあるという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-04-17-k001.jpg

米国に工場建設しても人件費であわないだろう。いずれ中国でも採算が取れなくなる。他の新興国のほうが無難だと思うが…。日本の規制を問題視しても意味は無い。日本は制限ではない。規制であるから、韓国政府が馬鹿な真似をしない限りは、貿易に問題は無い。在庫管理の問題となる。設備投資による在庫を一か月分追加する必要があるが、それ以外には必要がないだろう。あるは中国工場から輸入すれば良いわけで、規制は変わらないが、韓国政府の異常さは回避できる。それよりは習近平の動きに注視する事である。サムスンは買収出来ないが、半導体事業の工場買収は可能だ。監視或いは管理を緩めると中国政府から、サムスンやSKハイニックスの工場は、中国政府の買収策にはまることになる。

関連記事

[ 2019年07月25日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp