韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米国に「消火」の意思なし 日韓外交戦は延焼

米国に「消火」の意思なし 日韓外交戦は延焼

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、複数の韓国高官とソウルで会談した。韓国側はボルトン氏に日韓摩擦の仲裁を期待していたが、会談後の声明を見ると、現段階で米側は両同盟国間の複雑な争いに過度に介入することを望んでおらず、「高みの見物」を決め込んでいる嫌いがある。新華社が伝えた。

日韓の外交戦は24日、WTO一般理事会にまで延焼した。韓国側代表は半導体材料の対韓輸出規制の撤回を日本に要求するとともに、WTOに提訴する用意があると表明した。一方、日本は対韓輸出規制をさらに拡大する用意がある。米国が強く介入しない限り、日韓摩擦はさらに激化し、北東アジアにおける米日韓安全保障協力体制にも影響が出る恐れがあると、アナリストは指摘する。

ボルトン氏は韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長、鄭景闘国防相、康京和外相らとそれぞれ会談した。韓国側の発表した3つの短い声明から見て、双方は主に韓米安保協力、朝鮮半島問題、日韓関係及び韓米日関係について話し合った。

スポンサードリンク
日韓は最近摩擦が絶えない。日本は一部半導体材料の対韓輸出規制を実施した。これは両国間の歴史問題、領土問題とも絡まって、摩擦の解消を一層困難にしている。韓国は米国が介入して日本に対韓輸出規制の撤回を促すことを望んでいた。だが、韓国側声明とボルトン氏が報道陣に示した姿勢から見て、米側は日韓摩擦の仲裁に入るか否かも、どう仲裁するかも明示していない。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-21-k002.jpg

ボルトン米大統領補佐官は24日、鄭景斗国防相と会談し、「韓日の安全保障協力を引き続き維持していかなければならない」という点で意見が一致したという。また、「韓日および韓米日の安保協力発展のため、緊密に協力していくことにした」とした。米国からすれば、中国なのか米国なのかと迫ったことだろう。中国やロシアも同様に韓国をけん制している。今の文大統領に判断力は無い。北朝鮮からも懸念され、日米と中露から圧力がかかる。経済は中国、自国防衛は米国と言うには、外交力もなければ意思疎通もない。また条約破りが広がり、韓国と約束をしたところで守らないという認識が広まっているのも事実。

関連記事

[ 2019年07月27日 10:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp