韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  インドネシア大臣「ジャワ島に現代自の電気自動車工場建設へ」

インドネシア大臣「ジャワ島に現代自の電気自動車工場建設へ」

現代自動車が東南アジア市場攻略を強化するため、インドネシアに電気自動車工場を建設することを決め、今年11月にインドネシア政府と工場設立契約を締結することをインドネシアの現職大臣が明らかにした。現代自動車は米国・中国・インドなどには自動車生産工場があるが、近年急成長している東南アジア市場には工場がない。

全国紙「コンパス」などインドネシアの現地メディアが28日に報道したところによると、ルフット・ビンサル・パンジャイタン海洋担当調整大臣は26日、鄭義宣(チョン・ウィソン) 現代自動車グループ首席副会長と面談した後、「現代自動車は約10億ドル(約1086億5000万円)をインドネシアに投資することを望んでおり、ジャワ島西部のカラワン地域で土地を確保した。

今年11月にソウルで、インドネシア政府と工場設立契約を締結する」と明らかにした。インドネシア現地では、この工場に電気自動車をはじめとするエコカーの生産設備が作られると見られている。ルフット大臣は「現代自動車側にジャワ島中部地域に電気自動車工場をもう一つ建てることを提案しており、現代自動車もこれに対して関心を示している」とも語った。

スポンサードリンク
インドネシアの現地メディアは、今年11月25日と26日に釜山で韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議が行われることを挙げ、同期間にジョコ・ウィドド・インドネシア大統領が訪韓、両国の大統領が出席する中で契約が締結されると報じた。 これに対して現代自動車関係者は「東南アジア市場攻略のため、さまざまな方策を検討している」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

hyundai-1.jpg

インドネシアには7000万人を超えるジャワ民族がいます。インドネシア語以外で、ジャワ語も存在しており、ジャワ民族はジャワ語で話すことも多いです。インドネシア語に比べて単語数が多いので、表現が豊かと言われてます。ジャワの友人から昨日興味深い話が聞けました。日本の台風や地震と言う気候の話をした中で、インドネシアの火山や津波は深刻で、比較的安全と言われるジャワに家を購入し、移り住む人が増加しているとの事。これに伴い世界企業も移動を始めていると予想します。住宅地はまるで日本の様に密集している場所も非常に多いです。

なので、現代自が工場建設する意味合いは、インドネシアでのジャワ島攻略というわけです。日系企業が多いインドネシアでは、自動車は日本車が非常に多く、バイクは日本のホンダとなります。観光地であるので、電気自動車への関心も高いのでしょう。日本企業が自動車技術を高めている事もあり、東アジア地域での韓国自動車企業は難しい立ち位置かもしれません。

関連記事

[ 2019年07月29日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp