韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  日韓対立、ついに米政府が仲介へ…ポンペオ国務長官が明言

日韓対立、ついに米政府が仲介へ…ポンペオ国務長官が明言

マイク・ポンペオ米国務長官が、史上最悪の日韓関係の仲介を図る考えを示した。東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合が開かれるタイ・バンコクに向かう機内で記者団に語った。ポンペオ氏は31日にバンコク入りし、8月初旬の日米韓外相会談で仲介案について協議するという。安倍晋三政権の対応が注目されそうだ。

「前に進む道を見つけるよう勧める予定だ」 ポンペオ氏は機中で、河野太郎外相と、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との日米韓外相会談について、こう語った。 注目の仲介案について、ロイター通信は30日、米政府高官の話として、現状を維持し新たな措置は取らない状態で交渉する「据え置き協定」への署名を求める仲介案を日韓両国に提示したと報じた。日本政府による韓国向け半導体素材の輸出管理強化に狼狽(ろうばい)した韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権側の要求に沿った内容といえる。

日本政府は、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続出したため、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を8月2日にも閣議決定する予定だ。輸出管理強化の対象は、電子部品や工作機械など「1000品目以上」に拡大する。

スポンサードリンク
(略) 康外相は30日、国会外交統一委員会の全体会議で、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長について、「現時点では協定を維持する立場だ」としながらも、「状況の展開によって(協定破棄を)検討する可能性もある」と言い放った。 GSOMIAは、日米韓の安全保障の基盤であり、ドナルド・トランプ米政権は事前に「GSOMIA揺さぶるな」と韓国に警告していた。文政権が「GSOMIA破棄」を示唆してきたため、怒りを堪えて仲介に乗り出した可能性がある。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-31-k002.jpg

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)は、日本が有する北朝鮮の情報など、韓国が入手できることから韓国にとっては有益だったが、世論の反発を避けるべく韓国政府は国民には秘密にしたまま日本政府と交渉を行っため、締結直前になって条約の存在が韓国国民に明らかなり、強い反対運動が起きたのが2012年となる。それから2016年11月23日にソウルの韓国国防省で署名式を非公開で行い、即日発効した。協定は、1年ごとに自動更新されることになっている。終了させる場合は更新期限の90日前(8月24日)までに相手国へ通告する決まりだ。

ところが日本を敵国視している韓国に対し、日本政府が韓国をホワイト国から除外することで、両国の関係は最悪となったが、ポンペオ国務長官が仲介したところで、何の仲介という事になる。日本の規制問題は日米の了承で進めた話である。米国が仲介するほどに逆に厄介なことになりかねない。米国は単に在韓米軍の分担金を得られれば良いわけで、今の韓国に期待することは無いはず。

関連記事

[ 2019年07月31日 18:57 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp