韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルの第3四半期純利益が減少、iPhoneの営業収益持続的に低下

アップルの第3四半期純利益が減少、iPhoneの営業収益持続的に低下

米国のアップル社は7月30日に2019年度第3四半期決算を発表した。それによると、同期は営業収益が記録を更新し、純利益は前年同期比約13%減少した。営業収益は2四半期連続で減少した後で増加に転じ、業績は市場の予想よりも好調だったため、株価は大幅に上昇して、前営業日比4%以上上昇した。

決算によると、純営業収益は538億900万ドル(1ドルは約109.1円)で同約1%増加し、アップルの同期純営業収益としては過去最高を更新した。純利益は100億4400万ドルで同約13%減少した。1株あたり利益は2.18ドルで同7%低下した。決算では、第4四半期の営業収益は610億-640億ドルに達し、粗利益律は37.5-38.5%になると予測されている。

アップルが長年頼みとしてきたiPhone(アイフォーン)の営業収益は低下を続けた。同期の純営業収益は259億9000万ドルで前年同期の294億7000万ドルを下回り、減少幅は13.4%あった。アップルは販売台数を公表しなくなったため、増減の詳しい状況はわからない。分析によれば、2020年に5G対応モデルが登場するまで、iPhoneが劣勢を挽回するのは難しいという。

スポンサードリンク
決算によると、携帯電話以外の業務は前年同期に比べて増加した。サービス業務の純営業収益は114億5500万ドルで同12.6%増加し、ウェアラブル機器、スマートホーム製品、各種デバイスの純営業収益は55億2500万ドルで同約48%増加した。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-09-10-ap-1.jpg

アップルはiPhoneの中古にも力を入れており、下取り攻略で業績改善を狙ってはいるが、この事業は微々たる数値でしかない。むしろアップルストアを中心としたサービス展開や、スマホ以外で利益増となっている。タブレット市場も動きは鈍く、アップルのiPadにおけるマウスが使えない欠点を、IOS13で解決できれば、大きな転換期を迎えると考える。私の今の仕事はタブレットベースで十分であるから、ノートPCよりは、12.9インチiPad Proが活躍することになる。Photoshopなどの画像処理に加えて、3Dゲームも強力であると考えれば、使い道の幅が広がるだろう。

現在タブレットの伸びが低いのは事実だが、マウス使用で、簡単にサポート設置ができれば、高齢化社会でも十分対応が可能だ。スマホとの連携もできるわけで、PCを使っているiPhoneユーザーにとっては、使い道の幅が広がる。是非、高齢者に優しいサポートを確立してほしいものである。

関連記事

[ 2019年08月02日 09:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp