韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国経済副首相「我々も日本を白色国家から除外」「24時間常時通関稼働」

韓国経済副首相「我々も日本を白色国家から除外」「24時間常時通関稼働」

韓国政府も日本を白色国家から除外して、輸出管理を強化する手続きを踏んでいくことにした。輸出規制関連品目の搬入時、「24時間常時通関支援体制」を稼動するなど、日本の経済報復に対する対応策も出した。

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は2日午後、政府ソウル庁舎で日本のホワイトリスト排除措置に関連して関係部署合同記者会見を開き、「今後も外交的解決のための努力を持続していく考えだが、我々も日本を白色国家から除外して輸出管理を強化する手続きを踏んでいく」と明らかにした。 洪副首相は「国民の安全に関連した事項は観光・食品・廃棄物などの分野から安全措置を強化していく計画」としながら「日本の輸出規制強化措置はWTO規範に全面違反している措置である以上、WTO提訴の準備にさらに弾みを加えていく」と強調した。

続いて「今回の白色国家排除措置によって関連する戦略物資の数は1194品目で、このうち計159品目が影響を受けるものとみられる」とし「この159品目の全商品を管理品目に指定・対応するものの、特に対日依存度、波及効果、国内外代替の可能性などを基準により細分化し、オーダーメード型で密着対応していく」と話した。

スポンサードリンク
政府は輸出規制関連品目の搬入時、迅速に通関できるように24時間常時通関支援体制を稼働し、書類提出および検査選別最小化し、物量確保を支援する計画だ。また、管理品目159品目の場合、保税区域内保存期間を延長して輸入申告遅延に対する加算税を免除することにした。
https://japanese.joins.com/

日本に対し卑劣な対応のみならず、北朝鮮その他への不正輸出や条約破りを、悪いという認識が韓国にはまるでない。条約や合意文書が悪いという連中であるから始末が悪い。 これを他国から見ると、日本は先進国家で韓国より地位の高い立場にあり、同時にアジアのリーダー国であるから、云々と言う考えが出始める様だ。日韓問題も先進国家間では、日本が主導するアジアにおいて、取るべき対応かと言う韓国を擁護するような言葉も見かける。反日政策で、はたはた困った対応を常に実施している韓国と言う部分で、世界から嫌われている韓国でも、国が小さいとなると、様々な意見が出て来る。メディアはそういう方向に流されない様に正しい内容で報じてほしいと願う。

悪いのは韓国である。世界でサムスンは有名だが、韓国は韓流のみで、政治としての韓国地位は低い。言い換えれば関心が無い国であるから、日本規制だけが独り歩きすると、日本に対抗する意見も出てくることになる。従って日本は他国への説明で分かりやすい内容文を作って世界に配信することが望ましい。単に安倍首相の言葉だけでは無理がある。そういう部分で、解釈を間違えないような、下地を作る事においては、まだまだ不慣れだろうと考える。もっと韓国の意地汚さを広く知らしめて、反省を促すべきであったと思う。 その点、韓国はこういう事は一致団結し動きだけは早い。日本政府の不慣れな部分ともいえる。安倍首相も今後の対応を含め、戦後からの我儘な連中が実施したことを、逆に世界に広く知ってもらう事である。韓国は卑劣な対応をする国であるという認識を広めないと、今後の日本政府の動きも鈍る可能性がある。

関連記事

[ 2019年08月02日 18:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp