韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「韓国輸出手続き、遅れ発生してない」レジスト製造の東京応化工業

「韓国輸出手続き、遅れ発生してない」レジスト製造の東京応化工業

韓国への輸出管理強化の対象となっている感光剤のレジストを製造する東京応化工業は7日、令和元年6月中間連結決算の記者会見で、韓国への製品輸出の現状について「特段の遅れや問題は発生していない」と明らかにした。

レジストは7月4日に輸出管理が強化された半導体材料3品目のひとつで、韓国への輸出の際に日本政府への申請が必要になった。記者会見した水木国雄常務は輸出申請の有無については回答を避けたが、「基本的には受注があれば手続きを進める準備はできている」と強調した。

また韓国が今月28日に「ホワイト国」から外れ、3品目以外でも輸出管理が強化されることについても「輸出の手続きはほとんど変わらない」とした。同社は種市順昭社長をトップとするリスク管理委員会で、現状の情報共有や今後の顧客対応などを検討しているという。
https://www.sankei.com/

スポンサードリンク
日韓貿易規制について何度も説明していますが、この規制は韓国から受注している日本企業のほうが大変なのです。韓国はバカ騒ぎをしているが、受注計画に沿って韓国企業へ輸出する日本企業は大変だろうと思いますが…。従って、納品する企業側と連絡を取りつつ、遅れないように対応するだろうと思います。

高純度フッ化水素の劣化問題を語る人がいますが、日本企業でさえ正確な在庫管理の日にちは明確にしていません。まして米国での船便となれば、単純ではありません。かなりの高純度で製造し、劣化を考慮した製造技術を有していると考える必要があるだろうし、高度な保存技術も有していると理解する必要があります。製造と劣化を極力抑えた保存方法を駆使し受注しているわけで、これらの企業も何とか輸出できるのではないでしょうか。

またサムスンが3社購買を実施したならば、森田工業は国内のみですから、単独で7割以上の世界シェアとも言われています。他の2社については、国内および中国に高純度フッ化水素を製造する工場を持っております。従ってもし保管期限が問題となるならば、他の2社から購入し、中国から輸入すれば良いわけで、問題になるほどではないでしょう。であるからい韓国政府は異常だといいたい。気狂いのような動きであるから、手の施しようが無い。苦しいのは日本企業と言う認識が無いからこうなる。日本メディアもしっかりと勉強し報じてほしいと願う。

関連記事

[ 2019年08月07日 19:08 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp