韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「すべて日本の責任」論がもたらす危険…暴力的“反日行動”に注意!

文大統領「すべて日本の責任」論がもたらす危険…暴力的“反日行動”に注意!

日本政府が、韓国の「ホワイト国」指定を剥奪したことに対し、韓国は「ならば、わが国も日本を『ホワイト国』から外す」と報復宣言した。日本では嘲笑的な受け止めが大勢を占めているようだが、それは危険だ。韓国がどんな暴力的手段を使ってくるか、気を引き締めるべきだ。

最大限の注目を払うべきは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「事態の責任は日本にある。だから、これに関連して起こることはすべて日本の責任だ」と“無頼漢の頭目”のような発言をしていることだ。 これは、国家元首が「反日跳ね上がり」行動を煽る発言をしたと見るべきだ。 「すべて日本の責任」論からすれば、「跳ね上がり分子」がソウルの日本人学校の生徒を襲ったとしても、「それは日本が悪いからで、すべては日本の責任」となる。

全羅南道(チョルラナムド)の教育庁が「日本人生徒の安全を100%保障できない」として、日本人生徒の来韓を断ったことにも着目する必要がある。 事は、ソウルで起きるとはかぎらない。 在日韓国人の左翼組織幹部は「今回の決定を撤回しなければ韓国国民の反日感情は抑えられなくなる」と述べた。

スポンサードリンク
文氏が尊敬する盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)は2006年4月、韓国海洋警察(海上保安庁に該当)に、日本の海流調査船に故意衝突・撃沈する命令を発したが、実行には至らなかった(朝鮮日報12年9月26日)。
http://www.zakzak.co.jp/

2013-11-17-senkaku.jpg

瀬取り監視中の自衛隊機にレーダー照射する国である。日本を敵国としたわけで、日本国民は韓国は敵と言う位置付けであることを認識するべきだ。K-POPなど緊急事態として日本での活動を中止すべき。記事では、韓国の与党シンクタンクは「反日を高めることが、来春の総選挙に有利」と分析した秘密報告をまとめ、全議員にメールしたとし、韓国の政権与党にとっては、国の行く末よりも「わが勢力の拡大」の方が重要だと指摘している。そんな連中なら、「押されっぱなし」の状況を打開して「反日」を全開するためになら、何でも行うとしている。

弱い韓国が日本へ戦争を仕掛ける事態になれば、韓国は終わりだろう。北朝鮮との統一妄想の前に、日本が攻撃されれば、今の米国は韓国を攻撃する。北韓国の横暴を許す必要はない。韓国が米国に攻撃されれば、北朝鮮は大喜びとなるが。

関連記事

[ 2019年08月08日 15:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp