韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人が続々と日本旅行キャンセル、日本でのクレジットカード利用額も減少

韓国人が続々と日本旅行キャンセル、日本でのクレジットカード利用額も減少

2019年8月8日、中国メディアの新浪財経は、「韓国人が続々と日本旅行をキャンセルし、日本でのクレジットカード利用額も減少している」と報じた。

記事は、韓国クレジットカード業界が8日発表したデータを紹介。「韓国人の7月の日本でのクレジットカード利用額は、前年同月比1.1%増の977億3000万ウォン(約85億5000万円)だったが、韓国で日本製品の不買運動や日本旅行を取りやめる動きが本格化した7月中旬以降は減少傾向にあることが分かった」と伝えた。

記事によると、韓国人の日本でのクレジットカード利用額は、7月第1週が前年同期比19.3%増、第2週が13.1%増だったが、第3週から減少に転じた。 第3週は0.4%減、第4週は5.3%減、第5週(29日~8月4日)は19.1%減で、減少幅が拡大している。

7月16~30日の半月間に仁川空港を利用して日本旅行に行った旅客は、前年同期比13.4%減少した。

スポンサードリンク
業界関係者は「日本による経済報復の初期には、旅行客は直前の予約キャンセルで違約金が発生するため日本旅行に行くしかなかったが、7月中旬以降はキャンセルする余裕があったものとみられる」と説明しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-07-k002.jpg

現実は、反日だけではないようです。 やはり消費の落ち込みはただ事ではない。反日なので辛抱していると思いますが、現実は自国経済低迷と消費の落ち込みのみならず、家計負債の2019年問題となる不動産元本返済年に当たる影響が出始めたと考えれば、今年からそれなりの数に落ち着くとみるのが普通だろうと考えます。 昨年700万人訪れ。大半の人数が、職を探し、異常な訪日数でした。通常韓国人は、200万人前後しか日本に来ません。 その状態で、反日が加速すれば100万人以下となるでしょう。

しかし下半期で300万人を楽に超えてますから、今後減少したとしても、500万人近く訪れることになります。これでも異常値です。韓国メディアの記事から反日の強さが弱まり、また文政権への不満を掲載し始めています。反日韓国メディアでさえも、戸惑いがある様です。落ち着いているのは中央日報。もともとサムスン傘下の企業でした。今も変わりなく記事を掲載しています。

関連記事

[ 2019年08月09日 08:32 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp