韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中紛争で輸出急減…韓銀「金融危機時と似ている」

米中紛争で輸出急減…韓銀「金融危機時と似ている」

今年5月以降、米中貿易紛争がエスカレートし、韓国の輸出減少幅が拡大したとする韓国銀行の分析が示された。輸出減少の流れが2008年の世界的な金融危機や2000年前半のITバブル崩壊当時と似ており、非常に懸念されるとの指摘だ。韓銀は8日、通貨信用政策報告書の発表に合わせ、別立てで「最近の米中貿易紛争が韓国経済に与えた影響」を分析し、「今年5月以降、輸出減少幅が急激に拡大したが、米中貿易紛争の広がりと相関関係が高いことが分かった」と指摘した。

今年1-4月の輸出は月平均で6.9%の減少だったが、5月には9.7%、6月には13.7%減少するなど減少幅が拡大した。韓銀が船舶の輸出入を除く輸出量指数を調べた結果、今年4月は2.2%伸びたが、5月には3.3%の下落に転じ、6月には下落幅が7.3%に拡大した。韓銀は一連の数値について、「米中貿易紛争が世界の景気と貿易の不確実性を高め、それが韓国の輸出量減少の一因になった」と分析した。

韓銀は米中貿易紛争が00年のITバブル崩壊や08年の世界的金融危機と類似した流れを見せているとした。大きな悪材料が登場し、世界経済の不確実性を高め、それによって世界の貿易が縮小することで、輸出に依存する韓国経済が真っ先に深刻な衝撃を受けるというパターンが繰り返されるとの見方だ。

スポンサードリンク
00年にはITバブルが崩壊し、全世界で株価が暴落。経済の不確実性が高まり、韓国の輸出が減少した。08年の金融危機当時もリーマン・ブラザーズの破綻をきっかけとして、韓国の輸出が急減した。韓銀は「米中貿易紛争と関連する不確実性は当面続くと予想され、世界的な通商条件の変化や国内経済に与える影響を注意深く観察する必要がある」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

2014-02-05-wa-2.jpg

現在、1ドル12007ウォンである。韓国通貨量は小さいので、通貨危機になるときは突然であるから予見できない。韓国経済成長率は、自国政府の税金投入で作り上げた値であるからなお悪い。造船業は、莫大な税金を投入し、船舶価格を下げて受注しているわけで、今の為替であれば十分利益が出る値だが、現実は、赤字受注である。自動車産業も莫大な在庫を抱え、新車が多少売り上げを伸ばしても、とても追いつけないだろう。

そもそもGDPが増加しても上位財閥企業だけの恩恵であり、中小企業9割の自国民へ潤うことは無い。従って、経常収支でいうならば、所得はそう単純には伸びない。むしろ内需の減少による経常黒字となり、非常に悪い状態を意味している。国内市場の縮小によってもたらされた経常黒字は、労働者の可処分所得の低下を意味する。つまり、インフレ率に可処分所得の増加率となる賃金増加率が追いつかないため、自国の生活が苦しくなるわけで、所得も内需も成長率が鈍化してるが、内需の成長率の低下の方がより大きいために、経常収支が黒字になっていると考えれば、尋常では無いはず。

関連記事

[ 2019年08月09日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp