韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  輸出低調な日本経済、消費刺激にはもっとたくさんのゴールデンウイークが必要?

輸出低調な日本経済、消費刺激にはもっとたくさんのゴールデンウイークが必要?

2019年8月8日、中国のニュースサイトの界面は、輸出が低調な日本経済は、消費刺激のためにより多くの連休が必要だとする記事を掲載した。

記事は、日本の全世帯(単身世帯を除く)の消費支出が今年6月まで、7カ月連続で前年同月を超えたことを指摘。ブルームバーグが経済学者を対象に実施した調査で日本の第2四半期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率0.5%増と予想されたことを説明し、「第1四半期の2.2%増と比べると大きな差がある」とした上で、「経済学者らは『輸出低迷が主な原因だが、世帯の消費支出が増加したため、ある程度相殺された』と指摘」と伝えた。

記事によると、バークレイズ証券のエコノミストは、消費支出が予想以上に増加したのは新天皇即位に伴う10連休と10月の消費税増税が関係しているとの考えを示したという。記事は、「この『全国民のカーニバル』は日本経済の光になった」と述べ、「ロイター通信のデータによると、日本国内パック旅行や宿泊、航空、鉄道などのサービス業での支出が消費支出増加の重要な押し手となった」と説明。8月10日から日本は山の日と盆休みで9連休になる人も多く、この連休も消費を刺激する良い機会になるだろうとも述べた。

スポンサードリンク
また、消費税増税については「日本の消費者の前倒し購入の意欲を刺激した」とし、日本政府が6日に発表した家計調査報告について、「6月の消費支出は前月比で2.8%減となったものの、前年同月比では2.7%増となっており、予想されていた1.4%増のほぼ倍の伸びになった」と指摘した。ブルームバーグは、「間もなく増税される消費税に対応するため商品購入が続けば、第3四半期も経済の成長傾向が続くだろう」と予想しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-03-16-wa-1.jpg

日本は高齢化社会となり、生産人口の減少で活気が失われているのも事実。海外からの若者を受け入れるシステムが必要で、日本で仕事ができる仕組みと、日本への永住と言うよりは、3年或いは5年、10年と言う年数を決めて、受け入れるシステムも必要。日本で税金を納め、活気を取り戻すための工夫は不可欠。また海外旅行客で活気を取り戻すのも必要だが、普通の日々の活気のほうが重要で、消費を海外からの人たちが担う事で、高齢者も活気にお押されて消費拡大へつなげる事が望ましい。

また企業は若い海外からの人材が増加するほどに、日本人も影響を受ける。結果、企業とともに成長できる可能性が高まる。

関連記事

[ 2019年08月11日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp