韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の消費税引き上げへ、日本旅行はどれくらい値上がりするか

日本の消費税引き上げへ、日本旅行はどれくらい値上がりするか

日本政府はこのほど消費税率の8%から10%への引き上げをめぐる詳細なルールを発表した。税率が引き上げられると、日本で暮らしている人だけでなく、日本を訪れる外国人観光客にも影響が及ぶことになる。

新ルールは、コンビニエンスストアのような消費シーンで、店内に休憩コーナーがあり、「コーナーでの飲食を禁止する」と明示されていれば、店内で飲食しても消費税率は8%になる。店内で飲食が可能とされている場合は、飲食すると消費税率は10%になる。 国民が熱心に読む新聞の消費税率は、新聞スタンドやホテルで買えば10%になるが、配達してもらう場合はこれまでと同じく8%だ。

新ルールに対する日本国民の疑問の声や論争は絶えない。喫茶店の店長は新ルールが発表されるとすぐに、「(消費税率が引き上げられる)10月1日に店内のすべての椅子を取っ払う。お客様に一々ここで食べるか持ち帰るかと聞きたくないから」と述べた。また国民の中には、「このルールはより多くの消費者に食べ歩きや地下鉄などの公共の場での飲食を助長することになる」という人もいれば、「日本の街中にはごみ箱が少ないので、これからごみがあちこちに散らばるようになるかもしれない」という人もいる。

スポンサードリンク
消費税率が8%から10%に上がると、この2ポイント分の変化が外国人観光客に一体どれほどの影響を与えるだろうか。 ショッピングについては、2016年5月1日以降、観光庁は消耗品と一般物品の免税対象額を5000円に引き下げ、外国人観光客は5000円以上購入すれば免税措置を受けられるようになっており、全体として消費税引き上げの影響は受けない。 外食では、観光客1人が日本を旅行し、ホテルで食事をして2500円(税抜き価格)になった場合、現行の8%の税率では支払う消費税は200円だが、10%に引き上げられると250円になり、引き上げ前後で50円の違いがある。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-08-12-k001.jpg

消費増税の消費税を見たと苦の損益分岐点は、10%から12%となる。つまりそれ以上上げても消費税収は増加しない。他国を比較しても社会システムが違うので、例えば、他国が25%だから日本にも適用できるのかと言えばそうではない。高齢化社会での現行システムでは、10%あたりが損益分岐点なのではと思うが…。税収を増やすには生産人口を増加させる必要がある。海外からの受け入れシステムを早く確立し、税収が得られるようにする事である。日本で働きたい若者は多い。(韓国を除く)

日本も活気あふれる社会にするには、インドネシア方面などの人材は、介護もできるわけで、女性が働くという事も次第に多いくなりつつある。また語学力は女性のほうが有能だ。

関連記事

[ 2019年08月12日 08:10 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp