韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国LCCジンエアー、日本路線40%減便へ=日本旅行拒否の動き拡散受け

韓国LCCジンエアー、日本路線40%減便へ=日本旅行拒否の動き拡散受け

2019年8月9日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本旅行を拒否する動きが拡散したことを受け、大韓航空系列の格安航空会社(LCC)ジンエアーが日本路線を40%減便すると報じた。

記事によると、ジンエアーは8日、ホームページで、8月19日から10月26日まで、当初131便だった運航計画の40%(53便)を減便し、78便のみ運航すると発表した。

そのうち釜山発の日本各地路線では、大阪線を今月19日から10月26日まで14便から7便に、沖縄線を今月21日から10月26日まで7便から3便に、北九州線を今月25日から10月26日まで5便から3便にそれぞれ減らすという。

ジンエアーの関係者は「旅客需要の減少に応じて、下半期の日本路線の減便運航を決定した」とし、「冬季シーズン前の10月末までに計画通りに減便運航し、その後は状況を見て追加減便か増便を決める方針だ」と説明しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
大韓航空系列の格安航空会社(LCC)ジンエアーが日本路線の減便を確定した。これにより、すべての航空会社が日本路線を縮小した。ジンエアーは8日、「航空運航計画の変更に伴い日本路線を減便する」と発表した。週131便を運航する韓日9路線を週78便に減便するという内容だ。週40.5%(53便)を当分の間運行していないことになる。

日本を訪れる韓国人観光客数が減少し、大阪の観光産業が打撃を受けていると日本メディアが報じている。 報道によると、韓日葛藤の冷え込みによって5月に大阪の関西空港を通じて日本を訪れる韓国人観光客数が前年に比べて19%減少した。 特に、新規旅行商品の申し込みが減り、韓国人観光客が利用する交通パスである「大阪周遊パス」販売額も大幅に減った。

2019-07-07-k002.jpg

しかし不法滞在が多く、大阪で夜の商売をする韓国人が減少するのは有難い。観光業界は打撃ではあるが、今までの訪日韓国人旅行客数が多いことのほうが問題。通常200万人程度しか来ない韓国人を当てにしても仕方がない。700万人が異常なのである。今年は500万人程度に近づくだろうが、それでも異常。日韓往来者数は両国で500万人程度である。一方日本の訪韓観光客も減少するわけで、本来日本の訪韓旅行者数のほうが多い。従って打撃は韓国のほうが大きくなるという事だ。

関連記事

[ 2019年08月12日 09:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp