韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  ホワイト国から日本を除外へ、文大統領「感情的な対応は良くない」

ホワイト国から日本を除外へ、文大統領「感情的な対応は良くない」

文大統領は強硬発言を見直し「両国の疎通があれば関係は良くなるだろう」

韓国政府は12日、日本をホワイト国(輸出審査の優遇国)から除外することを決めた。韓国政府が管理する1735種の戦略物資に対する日本への輸出統制を強化するという意味だ。しかし産業通商資源部(省に相当)の成允模(ソン・ユンモ)長官がこれについて発表したその日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領府で主席・補佐官会議を開き「日本の経済報復に対する我々の対応は感情的であってはならない」と述べた。

文大統領は日本の安倍内閣が韓国をホワイト国から除外する「第2次報復措置」を取った今月2日に「再び日本には負けない」などと強硬方針を明確にしていたが、それから10日後に「韓日間の明るい未来」を呼びかけることで、自ら強硬発言のレベルを下げた。

文大統領は「敵対的な民族主義に反対し、人類愛を基礎とする平等と平和共存関係を目指すことは、今も変わらない我々の精神」と述べた。

スポンサードリンク
その一方で文大統領は「両国国民が成熟した市民意識に基づいて民主と人権の価値によって疎通し、人類愛と平和によって友誼を固めるのであれば、韓日関係の未来はさらに明るくなるだろう」との考えも示した。与党・共に民主党の内外からは「光復節(日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日)を3日後に控え、韓国政府として韓日対峙の構図から抜け出すことで一息つこうとしている」との見方も出ている。文大統領は「(政府は)国際社会と連帯しながら、責任と役割を果たす」「大韓民国は経済力だけでなく、人権や平和といった価値の側面でも模範的な国として発展していくだろう」などとも強調した。
http://www.chosunonline.com/

2014-04-09-wa.jpg

日本が韓国に対し、少しでも甘い顔をすれば、すぐつけあがる韓国である。日本は敗戦と言う重い荷物を背負い、我儘韓国に対応してきた。韓国は日本の敗戦を利用し、反日政策でわがまま放題であった。ところが安倍首相になり日本が米国から復権するほどに反発を強めたわけで、これで自国防衛においての法改正が実施されれば、軍事においても米国から復権する可能性も高く、日米安保条約の見直し実施で、在日米軍の役目或いは縮小、更には分担費用の減少などなどが実施されるほどに、日本を恐れる韓国となる。

日本の軍備が増大するほどに、韓国も軍事費を増大するのだろう。だが日本と韓国では、資金においてまるで違うわけで、すでに限界を超えている。もともと東京都並の国家予算であった韓国が、今では日本の半分である。ところが税収が半分を占めるが残りは外責となる。負債大国となる韓国は、政府負債と企業負債、そして家計負債との間で、もがき続けることになる。

関連記事

[ 2019年08月13日 09:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp