韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日韓の貿易摩擦を中国が望まない理由

日韓の貿易摩擦を中国が望まない理由

米華字メディアの多維新聞は12日、対立が続く日韓関係について「中国が仲裁する必要がある」とし、その大きな理由を挙げた。韓国産業通称資源部は12日、輸出優遇国である「ホワイト国」から日本を除外することを発表した。記事は、「日韓両国の貿易上の衝突が地域の情勢の緊張をもたらす可能性があることから、中国は仲裁役として力を発揮するかもしれない」と伝えた。

記事によると、ロシアメディアのスプートニクは12日付の記事で、「中国は日中韓自由貿易協定(FTA)に興味があり、中国は日韓の摩擦解決に関与する可能性を排除していない」と伝えた。今年12月に中国で開催予定の日中韓首脳会談で3カ国のFTAについて話し合われるだろうとしたほか、「中国は東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に積極的で、これまでの協議の結果から見るに、日中韓が合意に至る可能性は、インドや豪州などその他の国よりも高い」と論じた。それだけに、日韓の対立がRCEPに影響することに、中国は懸念を抱いているという。

中国遼寧社会学院北朝鮮韓国研究センターの呂超(ルー・チャオ)主任も、「日韓の貿易摩擦は必ずや中国にマイナスの影響をもたらす。そのため、中国が仲裁者になる可能性は高い」と見通した。

スポンサードリンク
呂氏は「欧米の経済が不振の中、日中韓は世界経済の成長点の一つ。中国と日本、韓国はハイテク分野で多くの協力を行っており、日韓の紛争は中国にとってもマイナス。中国は日韓に対し、可能な限り早期に緊張状態を緩和し、特に科学技術分野で日中韓3カ国の経済協力を強化することを望んでいる」と述べたという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-05-06-k002.jpg

中国と日本、韓国はハイテク分野で多くの協力を行っており、日韓の紛争は中国にとってもマイナス。中国は日韓に対し、可能な限り早期に緊張状態を緩和し、特に科学技術分野で日中韓3カ国の経済協力を強化することを望んでいると記事では伝えているが、中国の今の技術力ではまだ韓国半導体は重要となる。中国が仮に日本からの技術伝授があっても、まだシェアを奪うには力不足である。製造工場や設備不足と製造技術レベルがまだ追い付いていないことが理由にある。本来日中貿易で韓国排除に向けた動きが加速しても問題はないというレベルにしたいのだが、中国も準備不足であり、日本は規制が韓国政府によって制裁にされた事で騒ぎが拡大した。

いずれは日中貿易で済むとはいえ、今日明日では無理。また米中貿易摩擦を抱えている状態では、少なくとも年単位の準備は必要となる。日韓貿易が停止となれば加速的に動くだろうが、今はまだ周辺国を含めて、様子見状態にある。

関連記事

[ 2019年08月14日 08:09 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp