韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で日本産ビールの輸入量が98.8%減、「事実上の輸入中断」状態に?

韓国で日本産ビールの輸入量が98.8%減、「事実上の輸入中断」状態に?

2019年8月14日、韓国・朝鮮日報によると、日本の輸出規制強化措置をきっかけに広がる日本製品不買運動の影響により、韓国の8月上旬の日本産ビールの輸入量が昨年同期比98.8%も減少した。

韓国の関税庁が与党「共に民主党」のカン・ビョンウォン議員に提出した資料「8月の輸入減少率拡大品目」によると、8月1~10日に日本から輸入されたゴルフクラブ、ビール、日本酒、釣り用具、加工食品、化粧品の量はすべて昨年同期と比べ減少した。最も減少率が高かったのは98.8%を記録したビールで、日本酒(69.4%)、ゴルフクラブ(60.2%)、加工食品(38.1%)、化粧品(37.6%)、釣り用品(29.0%)が続いた。記事は「昨年に日本のビールが100本輸入されたとしたら今年は1本だったということ」と説明し、「事実上の輸入中断だ」としている。

日本産のビール、日本酒、ゴルフクラブの7月の輸入量は昨年同期比でそれぞれ34.6%、34.1%、38.1%減少した。一方、日本産消費財のうち加工食品と化粧品はそれぞれ8.4%、3.5%増加したという。これについてカン議員は「韓国の消費者による日本産不買運動の流れが続けば、その余波は日本産の消費財全体に広がる可能性が高い」と予想した。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-06-24-k002.jpg

日本製品ボイコットしている韓国と貿易する必要はないわけで、日本企業に影響が出ているならば、日本政府が補助する処置は必要だ。日本企業には韓国以外の他の新興国などへの変更に国が支援する事である。韓国をあてにする企業への対応を考慮する必要があると同時に韓国への渡航制限は、粛々と動くことである。

日本製品ボイコットと言うのは敵対明確であるから、それを乗り越えた先に恩恵がある国では無いわけで、日本の韓国利用は終わったので、企業も理解する必要がある。出来る限り大国中国或いは他の大国へ切り替えるべき。日本の同盟国となる米国利用は不可欠だろう。

関連記事

[ 2019年08月16日 07:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp