韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓紛争の影響は経済の範囲を超えた

日韓紛争の影響は経済の範囲を超えた

2019年8月14日、中国メディア・環球網は、「日韓紛争の影響は経済の範囲を超えた」と題する国際問題専門家、李敦球(リー・ドゥンチウ)氏の文章を掲載した。

文章はまず、日本を「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から除外するとした韓国政府の決定は、先に同様の措置を決めた日本への対応措置とみなされていると指摘。「現在の日韓の矛盾は1965年の国交正常化以降、最も深刻な危機」とし、「日本が仕掛けた対韓貿易戦争の真意は貿易にあらず。日韓の間にある政治、歴史、戦略上などの問題が原因だ」「摩擦がエスカレートし続ければ、日韓の衝突は必然的に経済の範ちゅうを超える。直接あるいは間接的に地域の地政学的情勢にも影響を及ぼす」と主張した。

続けて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8日の会議で、「日本は自由貿易秩序の中で最も多くの利益を受けた国だ。自国が必要とする時には自由貿易主義を積極的に提唱した。日本の対韓貿易規制は矛盾したやり方だ」などと表明したと説明。康京和(カンギョンファ)外相が3日、タイ・バンコクで開かれた東南アジア5カ国の外相らとの会談で「日本による輸出規制は地域の繁栄に深刻な脅威となる可能性がある」と述べたことにも触れ、「日韓貿易戦争勃発後、北朝鮮は明確に韓国を支持した」と指摘した。

スポンサードリンク
文章は、日本を非難する北朝鮮メディアの記事内容を紹介した上で、「対日問題においては経済、政治にかかわらず北朝鮮は韓国を支持」「日韓貿易戦争という背景の下、北朝鮮の地経学、地政学的地位が再びはっきりと浮かび上がった」と述べ、文大統領が5日、「南北の経済協力で平和経済を実現すれば、日本に一気に追い付くことができる」と発言したことを説明。さらに「日韓貿易戦争が引き起こした矛盾は軍事、安全保障分野に向かって拡散しつつある」とし、「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」は「風前のともしび」との見方を示した。
https://www.recordchina.co.jp/

この問題はすべて韓国が仕掛けた事。慰安婦合意を無視し、条約破りとなる国家間の約束すら守らない国と化したうえに、北朝鮮への密輸の勃発に、自衛隊機へのレーダー照射で、日本の敵国視を明確にした。まさに自作自演の韓国ドラマとなる。徴用工訴訟問題では司法が決めた事だと語り、自国政府は逃げたわけで、国家間の約束などどこ吹く風である。そもそも韓国の日本統治の恨みを明確に表したことになる。日本は敗戦と言う重荷を背負って韓国を助けてきたわけだが、裏切られた形だ。それゆえに日本政府は二度と韓国と付き合いたくは無いだろう。まして小国韓国など相手にするほど暇ではない。

こんな国は崩壊しても日本は無視することになる。どの国も助けずに、孤立を深めたうえに通貨危機が発生すれば、IMFの元で再建する事になる。貧しい国家にしかならないだろう。上位財閥は当然逃げ出すわけで、韓国の将来は風前の灯火となる。

関連記事

[ 2019年08月16日 15:46 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp