韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の出生率が急降下 今年は0.9を下回る最低値を更新か

韓国の出生率が急降下 今年は0.9を下回る最低値を更新か

韓国で出生率の急激な下落が止まらない。韓国紙・朝鮮日報(2019年7月31日付)の報道によると、韓国の合計特殊出生率(1人の女性が一生の間に何人の子を産むかを表す指標)は、2016年に1.17だったのが、2017年に1.05、2018年には1.0を初めて割り込んで0.98に下がったが、漢陽大学のイ・サムシク教授が今年の1月から5月までの新生児数から推計したところ、今年は0.89にまで下がると予測したという。

この数字がただ事でないことは、他国の出生率と比較すればわかる。少子化が進む日本では、2018年の出生数は91万8397人で過去最低を更新したが、それでも合計特殊出生率は2017年から0.01ポイントマイナスの1.42である。アメリカは1.80(2016年)、中国は1.62(2016年)、危機的な水準といわれている台湾でも1.13(2017年)である。

韓国統計庁は2018年までの急激な出生率低下を受けて、人口予測の見直しを実施し、出生率と寿命をもっとも低く見積もった場合、総人口は今年の5165万人がピークで、来年から減少に転じ、2034年には5000万人を割り込むとの推計を発表している。他国のことを言えた義理ではないが、労働人口と経済は密接な関係があり、このまま出生率が低空飛行を続ければ、よほど積極的に移民を受け入れたりしない限り、数十年後に韓国経済が著しく衰退していくのは確実と言える。

スポンサードリンク
韓国紙・中央日報の記事(2018年12月4日付)によると、韓国の結婚費用は男性で平均1億4000万~1億5000万ウォン(1300万円前後)、女性で平均6000万~7000万ウォン(600万円前後)が必要とされています。韓国人は儒教の影響で体面を気にするので、結婚式には100~200人を招待するのが普通ですし、女性は『結婚するなら賃貸はダメ、持ち家じゃないと』などとこだわるので、とにかく結婚にはお金がかかる。
http://www.zakzak.co.jp/

2015-03-14-wa.jpg

1995年当時は、日本でいう公団団地があり、駐車スペースもあり、日本の団地によく似ている建物が多かった。勿論持ち家ではない。借家となる。結婚資金が莫大と言うのも、韓国社会の全体に当てはまるわけではない。中小企業9割近い国で、平均演習が250万円前後ならば、到底結婚は出来ないことになる。当時はそれほどこだわりが強いわけではなかった。今でも限定的ではないかと思うが。

いずれにしても出生率低下は、今の韓国社会を見れば、子供を育てる環境下ではない。反日で騒ぐだけ騒いで、日本商品ボイコットで盛り上がる中、その裏で自営業者が倒産の嵐では困りごとだが。

関連記事

[ 2019年08月17日 15:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp