韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響

韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響

2019年8月16日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本製品の不買運動が始まってから1カ月余りの間に、ユニクロを含む日本の有名ブランド製品の韓国国内での売上額が半分以下に減少したことが分かったと報じた。

それによると、7月第4週の韓国国内での主要日本ブランド製品のクレジットカード売上額は、6月最終週に比べて半減したことが、韓国金融監督院による調査結果で明らかになった。

ブランド別では、ユニクロの売上額の減少幅が最も大きく、7月第4週は6月最終週比で70%以上減少した。

専門家は「日本製品不買運動はSNSを通じて急速に拡散し、消費者が主体的にそれに参加している。現在の状況から判断すると、日本製品不買運動は長期間続くとみられる」との見方を示しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
ファーストリテイリングが2日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の6月の日本国内既存店売上高は前年同月に比べ27.3%増となった。プラスは3カ月ぶりで、2013年8月(28.9%増)以来の伸びとなった。記念セール「誕生感謝祭」が6月にまたいだことに加え、夏物商品の販売が好調となった。

2019年8月期第2四半期決算は、売上高が半年で809億円増え、1兆2676億円(前年同期比6.8%増)、営業利益が1729億円(同1.4%増)、当期利益1140億円(同9.5%増)となった。海外ユニクロ事業は売上高が725億円増え、5800億円(同14.3%増)、国内ユニクロ事業は暖冬の影響もあり23億円減り4913億円(同0.5%減)、GU(ジーユー)は113億円増え、1171億円(同10.7%増)である。

営業利益884億円(同9.6%増)を稼ぎ出した海外ユニクロ事業の好調をけん引するのは、中国を中心としたグレーターチャイナだ。2月末の店舗数は中国で673店舗、香港28店舗、台湾67店舗と合わせて768店舗に拡大。上期は売上げ、営業利益ともに2ケタ増となり、2019年8月期通期には、売上高5000億円、営業利益850億円の達成が見込まれる。EC化率も日本の9.9%に対して中国事業では20%と先行している。

韓国の不買運動も何のそのである。

関連記事

[ 2019年08月18日 18:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
韓国からさっさと撤退すべきだ
日本を標的に混乱している韓国からユニクロ、東レ、みずほ等の日本企業は撤退すべきだ。
年内にはデフォルトして国家破綻の危機が叫ばれている。
急いで行動すべきだ。
[ 2019/08/19 07:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp