韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国国民の81.8%、「今年日本を旅行する意向ない」

韓国国民の81.8%、「今年日本を旅行する意向ない」

韓国の国民の10人に8人以上が今年日本を旅行する意向はないという調査結果が出てきた。

世論調査専門機関のリアルメーターが16日にCBSの依頼で日本旅行の意向について国民世論を調査した結果「今年日本を旅行する意向はない」という回答が81.8%となった。「今年日本を旅行する意向がある」という回答は13.4%にとどまった。「わからない」「無回答」は4.8%だった。

細部的にはすべての地域、年齢帯、理念性向、政党支持層、職業で「今年日本を旅行する意向はない」という世論が多く現れた中で、特に湖南(ホナム)地方在住者、進歩層、民主党支持層、主婦などでは90%を上回った。

今回の調査は8月16日に全国の19歳以上の成人1万647人に接触し、500人が回答して4.7%の回答率(回答率向上目的標本枠確定後未受信調査対象に2回コールバック)となった。標本誤差は95%信頼水準で±4.4ポイント。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
これは関心が高いですね。なぜなら、日本に行きたくは無いのか、それとも金がなくて行けないのか…。2019年問題として、そろそろ不動産元本返済集中年となる今年は、不動産を持つ自国民にとっては厄介だ。挙句に元本返済不可率は25%を超える。とても日本旅行どころではない。

2015-03-14-wa.jpg

家計負債の問題が反日記事に置き換わり報じられなくなったが、順調に拡大しているのが家計負債となる。そこには自動車ローンと言う問題も実は隠れている。消費低迷となり、今までは物価上昇で日本で商品を購入したほうが安く、訪日する理由でもあった。ところが政策金利が低下し、日本で購入するほうが安いという実態も薄れてきた。挙句に経済低迷とともに反日による日本旅行ボイコットも加速し、日本での職探しすらできない状態となっている。

今の韓国は日本商品ボイコットと騒いでいるが、内心はドキドキだろう。自分たちの不動産元本返済があるわけで、当然政府の目を反日に向ける行動でもあるわけだが、それも限界がある。今後は次第に日本商品ボイコットに隠された意味合いがばれることになる。

関連記事

[ 2019年08月19日 12:17 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp