韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文大統領、日本への歩み寄りよりも…北朝鮮との統一を宣言!?

韓国・文大統領、日本への歩み寄りよりも…北朝鮮との統一を宣言!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、日本統治からの解放を記念する「光復節」の政府式典で演説し、日本への対話を呼びかけました。韓国メディアの日本語版には全文を載せているところがあります。これとて、日本語版と韓国語版ではニュアンスが違っていたり、意図的に翻訳していない部分があることが指摘されています。

ただ、部分を切り取った日本の報道よりは、演説の空気を感じ取れるのではないかと思って読んでみました。そして、仰天しました。 確かに、日本への歩み寄りも一部言及していましたが、それ以上に、北朝鮮への歩み寄りというか、一体化を高らかに宣言していたからです。 もともと、南北経済協力で日本の優位に立つことができるというのは、文氏が5日の首席補佐官会議で発言しています。

今回の演説は、それに止まらず、2045年には「1つの国」として世界に位置付けられると時間を区切りました。さらに、南北統一こそが「日本を追い越す道であり、日本を東アジア協力の秩序へと導く道です」と結論づけたのです。今月だけでも、あれだけミサイル発射を繰り返して、地域の安全保障を乱している北朝鮮と1つになることが、どうして「地域の安定、秩序への道」となるのか理解に苦しみます。

スポンサードリンク
日本が再三提起した、いわゆる「元徴用工」訴訟に関する対話のテーブルに着くべきでしょう。戦略物資などの輸出管理問題で、日本側からの対話要請を3年も無視したことをどう説明するのでしょうか? それとも、北朝鮮への態度と日本への態度は違っても問題ないのでしょうか? 相手に応じて態度を変えれば、いつしか信用されなくなります。それは、人間関係も、国と国との関係も同じなのではないでしょうか。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-08-21-k002.jpg

北朝鮮側の談話は、文在寅氏が演説で朝鮮半島の平和構築などを訴えたことを非難し、「韓国当局者とこれ以上話すこともないし、再び対座する考えもない」と宣言。さらには文氏のことを「まれに見る図々しい人だ」と語っている。北朝鮮が11日に発表した外務省局長の談話は、短距離弾道ミサイル発射を韓国が非難したことを巡り、次のように言っている。「普通の時でもなく、われわれに反対する戦争演習を公然と行っている渦中でわれわれを痛罵しようと自分の方からむしろ奔走していることこそ、盗人猛々しい、図々しい振る舞いだと言わざるを得ない。」

北朝鮮は、南北合意を踏みにじってまで米韓合同軍事演習を実施し、北朝鮮の自衛権を否定すること自体が理解できないとしているわけで、韓国の一人芝居にも限界がある。そもそも北朝鮮は米国との対話が重要であって、韓国が重要ではない。必要な時には韓国を制圧すれば良いわけで、それには米国からの攻撃は恐ろしい。早く安全協定と制裁解除を実施したいと言うのが本音にあるが、非核化の意思はない。非核化をすればトランプの次政権でどうなるかは不明。自国防衛はあくまで核保有と認識している。これに韓国が便乗しているわけで、統一すれば日本に唯一勝てる事が核保有となる。

関連記事

[ 2019年08月21日 09:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp