韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  崖っぷちに立つ韓国の液晶パネル…サムスンとLGの異なる悩み

崖っぷちに立つ韓国の液晶パネル…サムスンとLGの異なる悩み

中国の物量攻勢に韓国製液晶パネルが力を失っている。サムスンディスプレーは忠清南道牙山(チュンチョンナムド・アサン)の工場の第8.5世代液晶パネル生産ラインのうちL-8-1ラインを近く稼動中断する。LGディスプレーも最近京畿道坡州(キョンギド・パジュ)の工場にある同じ世代の液晶パネルラインの稼動中断を検討している。

最近市場調査会社IHSマーケットが調査した結果、テレビ用65インチ液晶パネルの平均価格は先月基準185ドルで、前年同期の245ドルから24%下がった。あるディスプレーメーカー関係者は、「中国企業などが大規模に在庫を保有しており、今後もパネル価格が下落するとの見通しが多い」と説明した。

中国トップのBOEは昨年末に第10.5世代液晶パネルラインを本格稼動した後、韓国企業よりも低い原価で月12万枚のパネルを量産している。BOEは2番目の第10.5世代工場である「B17」、中国のテレビメーカーTCLの子会社チャイナスター(CSOT)も第10.5世代液晶パネル生産ライン「T6」を年内に稼動する。

サムスンとLGが第8.5世代液晶パネルの生産中断まで検討する理由も中国の第10.5世代と比較して競争力の差を克服するのが難しい状況に置かれたためだ。

スポンサードリンク
第10.5世代は現在最も大きい横2940ミリ・縦3370ミリのサイズの液晶パネル基板で、65インチのテレビ用パネルを作る際に韓国の第8.5世代では3枚生産できるが、第10.5世代では8枚まで作れる。テレビが大型化するほど第10.5世代の競争力はさらに高まる。 中国のディスプレーメーカーは政府補助金と金融機関支援などを背景に大規模な投資を進め韓国を予想よりはやく追い越した。韓国企業等は自ら発光する有機ELに出口戦略を求めている。LGディスプレーは当初計画と違い坡州P10新工場を液晶パネルではなく第10.5世代有機ELラインに直行することを最近決めた。
https://japanese.joins.com/

2014-01-08-wa-2.jpg

韓国が実施してきたことと同じように、今後は中国企業が韓国と入れ替わる。国の大きさからすれば中国に敵わない。韓国企業は次期産業を見据えていないために、この分野は中国に奪われる。 一方、LGディスプレーの最大の課題はテレビ用有機ELよりはモバイル機器に使われる中小型有機ELの歩留まりを引き上げることだとしている。上半期に記録した5000億ウォン台の営業赤字を減らすには結局大口顧客であるアップルを捕まえるのが急務。

アップルはジャパンディスプレイを利用するだろう。特に中級スマホにおいては、インドで工場稼働を実施し順調に稼働している。アップルも液晶と有機パネルで付加価値を分けるだろう。数的には液晶のほうが多いだろうから、インドの製造工場をフル稼働とするためにも、数量を確保する必要性がある。高級スマホは、画期的な技術は望めそうにない。となると、サービスと価格となる。有機パネル云々よりは、高い性能と安い価格の両立にある。と同時にアップルウォッチとの連携を深めるアプリの開発は重要だ。

さらに言えば、タブレットの強化はもっとも重要となる。IOS13でマウス使用可能なタブレットが加速的に売れるようにするためにも、是非戦略的であってほしいと思うが…。

関連記事

[ 2019年08月22日 09:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp