韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安倍首相は沈黙…河野外相は韓国大使を招致「韓国は安保環境を見誤った」

安倍首相は沈黙…河野外相は韓国大使を招致「韓国は安保環境を見誤った」

22日に青瓦台(韓国大統領府)が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定を下したことについて、日本は激怒している雰囲気だ。河野太郎外相は22日午後9時30分に南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省へ招致し、韓国の今回の決定について強く抗議した。

河野外相は「韓国政府が本協定(GSOMIA)の終了を決定したことは、現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応」だとして「非常に遺憾」と語った。 また河野外相は同日、談話を発表し「日本の韓国に対する輸出規制とGSOMIAは完全に別の事案」だとして「韓国による今回の措置は受け入れられない」と主張した。

安倍晋三首相は22日、官邸を出る際、韓国政府の決定について質問を受けたが、片手を挙げただけで一言も発しなかった。日本メディアは、安倍首相が沈黙によって不快感を示したとみている。

安倍内閣は、GSOMIAが北朝鮮の脅威に立ち向かう韓米日三角協力の象徴も同然という点から、韓国が破棄する可能性は高くないと見込んできた。GSOMIAの必要性を公に強調してきた米国がいることもあり、韓国は「延長決定」を下すだろうとみる雰囲気が強かった。

スポンサードリンク
このため日本の外務省、防衛相などの政府関係者らは、韓国の22日の決定について「信じられない」「極めて遺憾」という立場を相次いで表明した。 東京のある消息筋は「GSOMIAは北朝鮮の脅威に対して韓日が協力しようというもので、いくら関係が悪化したといっても、こんなことができるのか」と語った。防衛省の関係者が「韓国は今後、どうするつもりなのか」と語った-という報道もなされた。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-10-k003.jpg

そんなことは無いだろう。安倍首相のみならず、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を腹の中では望んでいたはず。日本を敵国視した韓国を切る方向性に持って行ったわけで、当然だろうと思うが。これで韓国は孤立が高まる。韓国をとことん追いつめる必要がある。国が崩壊しても追いつめる事が重要だ。アジアに韓国など必要がない。と言うほど異常な国と化したわけで、核保有をしている北朝鮮と統一など、ふざけた連中である。日本に勝つために手段を択ばない連中は、すでに異常と言う言葉を超えている。

日本政府にすれば高みの見物で、米国は今後どう動くかに関心が集まる。

関連記事

[ 2019年08月23日 11:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp