韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓国のGSOMIA破棄、「不満」の米国が韓国に圧力?

韓国のGSOMIA破棄、「不満」の米国が韓国に圧力?

2019年8月23日、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を表明した問題をめぐり、中国メディア・参考消息網は「破棄に不満の米国、複数の問題で韓国に圧力か」と題する記事を掲載した。

記事はまず、「韓国政府が22日に決めた日本とのGSOMIA破棄に米国は強烈な失望と憂慮を示した」と指摘。日本メディアの報道を引用する形で、米国防総省が22日、「日韓にはある分野で対立が存在するが、安全保障分野における日米韓の一体性は維持せねばならない」という主旨の声明を出したことや、ポンペオ米国務長官が訪問先のオタワで「韓国の決定に失望」と述べたことを伝えた。

記事はまた、韓国・聯合ニュースが23日付で、「米国は現在、北東アジアで多くの困難に直面している。米国は韓国のGSOMIA破棄で日韓の矛盾が激化するという認識だろう」との分析があると報じたことを説明。韓国大統領府の関係者は「米国は韓国の決定を理解している」としたが、米政府の消息筋は「事実ではない」と反論したそうだ。

スポンサードリンク
記事は、「米国からすると日本が輸出管理上の優遇対象国から韓国を除外したことは経済的な矛盾。だが、GSOMIA破棄は日米韓の安全保障協力に関するものだ」などと報じられたことにも言及。その上で、米国が今後、駐韓米軍の駐留費負担をめぐる交渉やホルムズ海峡での合同巡航などの問題で韓国に圧力をかける可能性があるとの見方も出ていると指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-08-21-k002.jpg

米国は韓国と同盟関係であるから、この同盟関係を切り捨てる事である。同盟国から、せいぜい友好国として、在韓米軍の分担費用を大幅に拡大する事である。米国もしっかりした態度で示さないと、韓国への指導にならない。甘い態度は禁物。厳しく対応する事である。それでも韓国は北との統一妄想に走るだろう。日本への対抗を核保有と定めたならば、文氏は北に寄り添うしか道はない。

一方の北朝鮮は、韓国の物資は貧困国にとっては、ありがたいだろうから、北は南を利用するだろう。ただし統一する気は無いわけで、北と南は交わることは無い。結果韓国は貧困となり、北に吸い取られて終わる。サムスンも現代自も韓国を捨てる日も近い。

関連記事

[ 2019年08月23日 18:57 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp